「試してかってん・・」マトリスのステダン編

こんにちは!本店パーツ担当の中臣です。今回は取り付けたはいいもののなかなかインプレ出来ていなかったマトリスのステアリングダンパーのインプレをツーリングレポとともに・・・
美しいチタンボディー!
MADE IN ITALY!!
16段階のダンパー調整が出来ます!
今回試したのはマトリスのステアリングダンパーキット「M3タイプ」!トライアンフのスピードトリプル1050用で価格は¥75,600也!ちと高価ですが試さずにはいられないので買っちゃいました!今まではスーパースポーツのバイクばかり乗っていて、もともと純正で付いていたので、付いていないバイクに付けたら実際どーなん?ってんで今回の購入にいたったわけです。
スピードトリプルはステム下に付けます!
違和感なし!かっくいいです!
実際のところステアリングダンパーは意見が様々です。セルフステアを殺してしまうから付けない方がいい・・とか、サーキット走るんじゃ無いから必要無いよ!・・とか、付いていた方がいざハンドルが振られたときには安心・・とか人によって意見は分かれるところです・・。
で・・例のごとく、付けて走って、外して走った感想を、和歌山県の串本までツーリングに行ったのでアップします。
見渡す限り海です・・もう少し晴れていたらなあ・・
樫野崎灯台。石作り最古?
断崖絶壁・・・
広場もあります。
ふむふむ・・
ルートは阪和自動車道より和歌山県のR42号線を海沿いにひたすら走ります・・この道はツーリングライダーには好評の快適ルート。右手に海を眺めながら本州最南端の潮岬を経て絶景ポイントの海金剛へ。ここからの眺めはすばらしくまた恐ろしくもあります・・・・
有名な橋杭岩!
奇岩が並んでいます
なんとも不思議な光景です・・
神様が降りてきそう・・・
今回の目的は橋杭岩!ツーリングマップルでも必ずといっても良いほど紹介されています。奇岩が並ぶこの海岸線は見ているだけでも自然の不思議さが感じ取れますな・・・夜はライトアップなんかされてもっといい感じらしい・・・
肝心のステダンのインプレですが、高速道路の途中、ワインディングの途中で付けたり、外したりして走ってみましたが付いていた方が僕的には好印象でした。高速ではやはりピタっとハンドルが安定します。ワインディングでは、このバイクはハンドルが自分の意思とは先行して切れ込んでいくような感じがあったのが、このステダンでそれを抑制できて、のんびり走る分には乗りやすかったです。もちろんサスペンションのセッティングや乗り方もあるのでしょうが難しいことはさておいてこれで少しでも乗りやすくなったのだからよしとしましょう!ハンドルが触れるから・・とか、攻めないから付けないっとか言うよりもハンドリングを好みに合わせるって言う目的では良いんじゃないでしょうか?見た目もカッコいいし・・。詳しくは本店まで!
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!