桶川サーキットモタード体験の巻

桶川サーキットモタード体験の巻
2004-11-18 10:58:51
高槻店:木寅
こんにちは!高槻店の木寅です。埼玉県にある「桶川サーキット」に遊びに行ってきました!
桶川サーキットとは「ミニバイク」「カート」「モタードなどのロードバイク」で走れる「カートコース」で、すぐ隣が飛行場なのでヘリコプターなどが、いっぱい飛んでくる場所です。時々、人も降ってくるとかで、まるで晴れ時々人みたいな感じです(笑)(><)

当日は天気も良くて、気持ちいい日でしたよ。


一緒に遊びに行ったメンバーは、浦安店一のモタード好きの安富副主任、当日ビデオ撮影をしていただいた松川副主任(まるで子供の運動会に来ているパパ状態でした(笑))あと浦安店のお客様の浜田さん(かわいい顔して実はCBR400RRで峠をガンガンに攻めてるバイク好きの子です)と私、高槻店の木寅で行きました


今回サーキットに持ち込んだのは浦安店安富副主任のHONNDA CRF450Rです。ホイールはもちろん、ブレーキ、マフラー、ハンドル、外装などいろんなところがカスタムされた完全モタード仕様で、タイヤなんか、ミシュランのカットスリックでした!!走行したら、ベトベトになって、このタイヤなら「コケる気がしねー」って感じでした。(^0^)


最初は、まず安富副主任がコースイン!初めて見るモタードに、びっくり!ドリフトや!(><)雑誌では、何度か見たことがあったのですが、本物を見ると、その迫力に圧倒されてしまいました。めっちゃカッコイイよかったです、練習の成果が発揮されていました。とても速かったです。

いよいよ私の番です。前日に大阪からツナギ、ヘルメットなどを発送して現地入りするぐらい楽しみにしていたので、乗る前からとてもワクワクでした。いざ、バイクにまたがってコースイン!初モタードなので、まず普段乗っているロードのバイクとの違いにビックリ(*0*)低速からのトルクがものすごいパワーで、立ち上がりでフロントタイヤがパワーリフトするほどでした。しばらく走らせて、いよいよ「ドリフト」にチャレンジ!!その前に、基本的なドリフトのやり方を安富副主任より伝授いただきましたm(_ _)m
2輪ドリフトは、リアタイヤを「フルロック」させるのではなく、「ハーフロック」させるとのことで、これがまたとても難しいんです。具体的には、 CRF450Fの場合、4速でアクセルを戻して、コーナーの直前で「Fブレーキ&Rブレーキ」かけながらフロント加重にし、クラッチを切り、一気に2速まで落として、クラッチを「ポン」と離す(これが一番のコツです)そうするとリアがスライドし始めるので、それをリアブレーキでコントロールし、バイクの向きを変える。という、とても複雑な動作が必要とのことでした。
走行しながら何度か試したのですが、結局うまいこと滑ったのは3回だけでした(笑)
ちょっと僕には難しかったです(^0^) 初モタード、とても面白かったです。バイク買っちゃおうかな(笑)またチャンスがあれば、ぜひチャレンジしてみたいですね!



PS 当日桶川サーキットで、偶然、ドリフトで有名な「ダンディー加川選手」に、お会いしました。噂どおり、すごい迫力のドリフトを見せていただきました。コーナー手前から直ドリで、コーナー中も滑りっぱなしでした。お話をさせていただいたのですが、明るくて情熱を感じるしゃべり方で、楽しく話していただきました。聞いていて、とても楽しかったです。またお会いしたいですね。


レーシングワールド公式LINEアカウント開設!