秩父灼熱ツーリングに行ってきました

またまたツーリングに行って来ました。今回のツーリングは何度か同行させていただいたゆーじ先輩の企画です。今回はいつもツーリングにいって、文句を言ってくるニュースクール安富を引き連れ秩父方面へ。真夏になると日本で2〜3番目に暑い街と言われる秩父方面へ行ってきました。参加者は、前回の同窓会ツーリングで同行させて頂いた面々と、ゆーじ先輩とレーシングワールドをこよなく愛してくれているお客様方々、11名の大規模ツーリングです。皆さまのご紹介は後ほどさせていただきます。
とにかくこの日は暑い!!!!朝、寝苦しくて起きてシャワーで水を浴びて、服を着るのが嫌で全裸で行ってやろうかと思うくらい暑い一日の始まりでした。しかも当日は平日、市街地は激混み。「頼むからエアコン切って運転してくれや」・・・。
外環新倉パーキング。あまりの暑さにここで水を1ℓ飲みました。
ポツポツ集まってきました。到着後ヘルメットを脱ぐと、皆ゆでダコ状態になっていました。
まずは新型T-MAXを買ったばかりのカムストックの馬場社長。このマフラーもオリジナルで、大人のサウンドを楽しめます。かっこい〜音で、T-MAXが欲しくなっちゃいました。
前回、同窓会ツーリングで同行させて頂いたカムストックの長谷川さん。T-MAXを大人仕様にするならカムストックで決まりです。
緑さんのGSXR600。Dトラッカーも持っていてサーキットでビンビンに走っている気合いの入ったお嬢様です。コンコルドさんの彼女さんで、その走りはお墨付きです。
緑さんのGSXRのタイヤ。カワイイ顔してタイヤがこんな感じにしちゃうんです。誰も着いて行けません。恐れ入りました。
朝8時半に外環新倉Pに集合。前回遅刻したもんで早めに着いておこうと、8時10分到着。10分、20分と待っても誰も来ない・・・。間違ったか?と思いましたが、実は9時に集合で僕だけ8時半に集合だったみたいです。ヒドイ・・・。前回遅刻したとはいえ・・・。まぁ心の広い僕は笑って済ませましたけどね-.-
ZZR1400の上林さん。07のZZR1400から最新ZZRに乗換だそうです。ZZRもニュースクールカスタムにするとカッコいいんですよ〜。いかがですか?上林さん(ニヤリ)
ニュースクール安富のZX10R。当店HPのバイクギャラリーにも詳細は載っています。バイクもカッコいいけど、「ニュースクール安富」って名前もカッコいいかも?
お花見ツーリングで一緒だった、奥野さん。コワ面ですが、とても気さくな方で面白い方でした。でも弾丸黒部ダム温泉ツーリングは真顔で断られました。
ゆーじ先輩のGSXR。あれれ?前回のメガホンマフラーからアップタイプに変わっていますが?もしや本気走りモードじゃないでしょうね?
320kmオーナーズクラブの大竹さん・・・ってGマジェっすか?ナメられたもんだ。←しかし峠を走ると大竹さんに誰も着いて行けません。「納得いかね・・・」
ライズインターナショナルの堤さんのCB1000SF。バイクの写真撮るの忘れてました。スミマセン。でもこのアングル、カッコ良くないですか?
奥野さん同様、前回のお花見〜で一緒だった池滝さん。FTR250と紹介していましたが、実はCBX250Sだったそうです。大変失礼いたしました。しかし、皆揃えていう言葉は、あのFTR、超はえ〜。だからFTRぢゃねっつーの。
安富のバイクを珍しそうに見る方もチラホラと。普段ニュースクールカスタムは見慣れてしまっている為、この様な光景が非常に新鮮で、初心に戻ります。
川越インターを降り国道16号、入間方面へ向かう途中の、全員"暑い"の絵。
高速を降り、秩父方面へ向かう途中、信号で止まる度に汗が噴き出て来る始末。Uターンして帰ろうかな・・・なんて感じてしまいました。
小さいころ僕は、地元北海道で、いつかこんな風に大勢で走りたいな〜って憧れていました。それが現実となり感無量です(涙...)。。。暑くなければね(-.-
あまりの暑さに急遽サンクスで休憩を。暑くて死ぬかもしれない・・・という人に限って長生きするんですよ。
国道140号を西武秩父駅から花園方面へ向かい右側に綺麗な看板と建物が見えてきます。
価格はとても良心的。とはいえ特盛り食べたかったんですが、ここ最近ツーリング続きで金欠気味だったもんで大盛りにしました。
緑さんのハーフサイズ。食欲旺盛な緑さんですがさすがの暑さに、食欲も失せてしまったようです。
大半の方がオーダーした並盛。これでも十分な量でした。
蓋の意味無いんじゃね?と思わせるような池滝さんオーダーの特盛り。分厚い肉が8枚入っていました。
見た目、甘辛そうな感じですが、実はそうでもないんです。炭火で焼いているため香ばしさがあり、食べていても飽きが無く、喉が渇くような甘辛さはありません。
さて、次に向かうのは西武秩父駅近くにある"豚みそ丼本舗野さか"という豚みそ丼屋さん。(http://www.butamisodon.jp)普段は行列が出来、並ばないと食べられないというお店。平日午前中という事もあり、スムーズに入れました。
バイクの森おがのでの集合写真。暑い、早く撮れ・・・デカイ子供達からのブーイングの中しっかりセットして撮影。僕はこういうのちゃんとしないとイヤなんです。
池さんのおケツの出し方、サマになってます。豚みそ特盛り食べて約1時間、そろそろ腹減ったそうです。
僕、こういうジオラマ好きなんです。ってバランス悪くね??
世界のミニチュアらしく、じっくりと見ていたのは僕だけでした。
ミニチュアだからこそ出来る代物。やりたい放題なモノだらけでした。
バイク、ぜんぜん関係なくね??と思わせるようなものもたくさんありましたが、バイク乗りの心くすぐる物がたくさんあって、非常に楽しめました。
お腹いっぱいになったところで次に向かうは"バイクの森おがの(http://www.bikenomori.jp/)"というバイクミュージアムへ向かうことに。ここは埼玉県小鹿野町という小さな町なんですが、町おこしの為にウェルカムバイク!的な雰囲気の街並です。交通の便も良く、ツーリングの寄り持ち、休憩にはもってこいの場所です。
遅くなりましたが今回の参加者です。左からゆーじ先輩、堤さん、上林さん、奥野さん、池滝さん、大竹さん、安富、長谷川さん、緑さん、馬場さん、小泉です。
神流ダムを上から撮影した写真です。セミダムマニアとしてはイマイチなアングルでの撮影です。因みにこの画像はゆーじ先輩に撮影してもらったものです。
疲れもピークとなり、皆さん、日陰大好きモヤシちゃんになっていました。
帰りを急ぎましょう。皆さん疲れているようなんで運転には十分注意してくださいね〜。は〜い!って手を上げているのは長谷川さん。
皆さんお行儀よく整列して走行しております。
あと少しで関越東松山入口という所で渋滞・・・。暑い・・・。あ!気が付いたら今日一回もトイレに行ってない!!カラダ大丈夫かな???
大竹さんの夕方からゲリラっちゃうらしいよ。の一声で早めに切り上げましょう。との事で帰りは志賀坂峠→神流湖へと向かいました。
綺麗でしょ?周りを気にせず僕一人たたずんでいました。
夕方にもかかわらず暑い。外はまだ気温30度以上ある中、サービスの建物の中で渋滞情報を見ていたらエアコン効き過ぎで、お腹が痛くなっちゃいました。
300のタイヤ履いて曲がれるの?のお問い合わせが多く、これを見ていただければ分かると思いますが、ちゃんと曲がっています。慣れるまで違和感はあると思いますが、慣れてしまえば何ともありません。ってニュースクール安富が言ってます。
というわけで、全員無事に現地解散場所の高坂Pに集合し、一人、また一人と家路に戻って行きました。また会えるのに何となく寂しい気持ちになってしまいました。夕日が名残惜しく、またこのメンバーで行きましょうね!また誘います!!と心の中で叫びながら一人一人に手を振って別れました。そんな中、最後まで残ったゆーじ先輩、堤さんは知らんぷりで、ビューンって行っちゃいました。僕の熱い気持ちは一気に冷め、さっさと帰りました。
皆さん暑い中、本当にお疲れさまでした〜
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!