アドレスV125 武川ボアアップ156cc + ロングストロークで (164.4cc)にUP!

お久しぶりです、浦安店ミニバイク担当の照井です。
今回は、以前に取り付けしました武川製Sステージボアアップ156ccに カメレオンファクトリーから限定版で販売しました パフォーマンスクランクの取り付けを紹介していきます。
この商品の組み合わせは、取り付けた当時は、カメレオンファクトリーでも実例が無いのでどうなるか分からないと言われていた組み合わせなのでハラハラ&ドキドキの作業になりました。
限定版 アドレスV125 パフォーマンスクランク ¥34,000円
この商品は、アドレスV125専用に開発された ボルトONロングストローククランクです。
ノーマルストローク55.2mmを (3mmストロークUPした) 58.2mmのロングストローククランクASSYになってます。
通常はロングストローク化すると専用ピストンで、圧縮力やバルブの逃げヘッドとの干渉を考え専用のピストンを使用しなければいけませんが、このボルトONロングストローククランクは、コンロッドの長さがノーマルの長より1.5mmショート化してあります。これによりストローク3mmUP分のピストン上死点の位置をノーマルと同にしています、そのためシリンダーのロング化やカムチェーンロング化、専用ピストンが必要としません。
アドレスV125 強化スタットボルト ¥3,600円
どうせ分解して取り付けるなら、まとめて取り付けるので、同じくカメレオンファクトリーから販売していますアドレスV125強化スタットボルトを取り付けます。
圧縮比を上げたりした場合規定締め付けトルクで組み付けしても強力なエンジンの爆発力に負けてしまいヘッドが緩むので、その分締め付けトルクを大きくしますがそうすると今度はノーマルのスタットボルトが耐えられず伸びてしまい、結果は、やはり締め付けボルトが緩んだ状態になってヘットガスケットの締め付けが緩み吹き抜けてしまう事があります。
スタットボルトは強固な材料を厳選しクロモリ材から削りだしで作られており引っ張り強度が高くなっています。
ハイパワーチューニングには必ず必要になってくるアイテムです。

軽量フライホイール ¥8,400
軽量フライホイールも今回取り付けます。
レスポンスアップが期待できる商品になります。ノーマルより約17%軽量化になります。
この組み合わせで果たしてエンジンがかかるでしょうか?
次回は、組み込みを紹介します。乞うご期待!
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!