10 R-1 US STREET CUSTOM 日記 すごいよマサルさん編 其の九

無数の配線がLEDの多さを物語ります。
毎度!浦安店の安冨です。本来は前回の八で終わらせたかったんですがあまりにも内容が多く長くなりすぎた為、あえて九を設定しました。あまりにも詰め込みすぎたので内容が若干薄くなっている気がしますが世界に1台のR1を作成したので是非ご覧下さい。ここから先はPITでは作業しにくいので倉庫に車両を移動しての作業になります。
このライトは、もう二度とバラしたくないそうです。
一番厄介だったのがイカリング…。初期のチェックではまったく問題が無かったのですが、ライトが組みあがり車体につけると点灯しないというトラブルに3度見舞われラストの一つで何とか完成させました。
この辺はやはり海外部品の恐ろしさと言うものを久しぶりに味わいました。
そして一番の難関がLEDでした。LEDの総本数なんと65本!マルチカラーが33本に白のLEDが32本と何処のそんなに入れるの?まぁ確かにハヤブサならどうにかなりそうな気がしますがR1は流石に厳しかったようです。
後は電気系と言えばバックモニターを組みつけています。こちらはOdax製のテールランプにカメラを仕込み、モニターには金箔を貼り付け高級感を出しています。
フェンダーと同色にLEDも色づけしています。
金箔はコレで1万円ぐらい?いい値段します…。
超小型カメラで盗撮…。コレで赤色灯を見落とすことはなくなります。
そしてトラブルと言うものは続くもので、ブレーキをカスタムしたのは良かったものの、実はR1のマスターシリンダーは何と16Φ…。小さくない?確かに誰に聞いてもブレーキの効きが悪いと言う話は聞くし、ぼくも乗らせてもらった事がありますがやはり効く気がしないブレーキ、ここが原因だったかもしれません。と言うことでブレンボのRCSに変更。これで効くこと間違い無しです!
マスターはコーケンのNEROにして見ました。
キャリパーもゴールドに!いい感じです。
ステップはVORTEX製のステップに交換。やはりこのステップは食い付きが良く、ブーツ等も滑らないので安心して走行することが可能です。そして極めつけは独自に開発したリアハブのスパイクパーツ。A1A製のフロント用のアクスルスパイクを使用し削りに削ってリアホイールに収めました!アイデア物の力作です。
ぼくも愛用のVORTEXステップ。オススメです。
ここのスパイクが有ると無いとでは大違いです。
そして遂に完成!いきなり完成?そうなんです、あまりに引っ張ってもこの先にFTWのブログが書けないのでここいらで終了にしておきます。いゃ~ほんまにお疲れ様でした。
若干角度も悪く外野も気になりますが何とか無事に完成しました。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!