US STREET CUSTOM NO-24
今回カスタムさせて頂いた松村様のハヤブサはノーマルスタイルを活かしてクローム加工を各部にする方法をとった最近では珍しいスタイル。自分のスタイルを貫いた結果ベストな形がこの様になり、長い・太いだけが全てではないそんなコメントが似合う一台が出来上がりました。

フロントフェンダーは
ノーマルを穴あけ加工をし、内部に取り付けたLEDの光がもれるように出来ています。

キャリパーや
フロントフォークはクローム化されており足回りは完璧な状態に仕上げています。

ホイールは
人気のRCcomponentsのサベージを装着。今までで一番の装着率であるこのホイールは、古さを感じさせないデザインなんでしょうか?

CCFL
イカリングを装着。青く光るリングがとても綺麗です。装着方法は詳しく教えられませんが基本的にボンドが落ちて剥がれたりはしません。

ミラーは
定番のロアリングトイズ製のコンベックスミラーを装着。車検にはサイズが合わないため通すことが出来ませんが視認性も非常に高いのでオススメです。

塗り忘れが
多く面倒な部分のスクリーン前部。ETCの配線がありペイントするにも大変だったそうです。ETC関連で基本的に配線を切ったりしないので装着したままペイントしてます。

カウルの各部に
ランソム製のスパイクビスを装着。A1Aのスパイクビスほど尖っていないのでまだ安心できます。

インパネには
スムージング加工を施しツルツルに仕上げ、ピンストでofferings to the god of speed(スピードの神に捧げる)と書いてあります。

メーター周りは
インナー同様に同色でペイント。トップクランプはロゴ入りのランソムのクランプに変更。またトップ下のクランプもクローム加工しています。

レバーは
RC製のクロームレバーを装着しておりホイールと同メーカーの部品をここでそろえています。

ハンドルスイッチは
他の部品同様にクローム化。スイッチボックスをインナーと同色に仕上げてもかっこいいですよ!

マスターシリンダーも
当然クローム化しておりトップキャップにはランソム製のロゴ入りキャップを使用しています。

フォークキャップには
ランソム製のスパイクキャップを装着。バーエンドや外装のスパイクビスと同形状なので統一感があってとてもいいですね!

ハンドル
グリップはランソム製のロゴ入りグリップを装着、またバーエンドには同社のスパイクバーエンドを装着しています。

左側の
ハンドル周りも同様にクローム化やランソム製のパーツを装備。

ミラー後方の
ネジ部分もスパイクビスに変更。細かいところを詰めて行くと仕上げのよさを感じていただけると思います。

マフラーは
ヨシムラジャパン製のトライオーバル2エンド2本出しが装着されています。松村様拘りの一本です。

パイソン
キックスタンド。こちらはノーマル車高なのでノーマル同様の長さのものを使用していますが、ローダウン用もございます。

フロント
ステッププレートをクローム化。面積の大きさと曲面がとても綺麗に写りこむのでノーマルがオススメです。

タンデムステップも
同様にクローム化しており、ペダルにはランソム製のペグを装着。ハヤブサロゴが入っておりかっこいいです。

スイングアームは
他の部品と同様にクローム加工しており、ノーマルの荒い面を全て削り落としています。

リア
キャリパーやサポートもクローム化しており綺麗に仕上げています。欲を言えばブレーキホース等も変えて行きたいですね!ホイールはRCのサベージです。

PPM
PPM製のスケルトンクラッチカバーを装着。曲面の加工も綺麗でオススメの一品です。クラッチカバーを装着するならやっぱりPPMでしょう。

スターター
カバーはスケルトンタイプを装着。オイルの動きが見てわかりとてもメカニカルな雰囲気が出せます。

ガスキャップは
鍵無しで開閉できるキャップ(ロアリングトイズ製)の物を使用。スタンドでいちいち抜き差しする必要がありません。

シートは
アルカンターラレザーを使用。雨の日は全然使えませんが高級感がありこういう車両には良く似合います。

テールは
定番のPOSH製のクリアーLEDテールを装着。左右のウインカーバルブもクロームバルブを使用しており透明感を出しています。

◎オーナー:松村 様 ◎担当:安冨 真弥(浦安店) ◎掲載日:2011.07.27
カスタムバイクギャラリーTOPへ
US STREET CUSTOM NO-24

US STREET CUSTOM NO-24

今回カスタムさせて頂いた松村様のハヤブサはノーマルスタイルを活かしてクローム加工を各部にする方法をとった最近では珍しいスタイル。自分のスタイルを貫いた結果ベストな形がこの様になり、長い・太いだけが全てではないそんなコメントが似合う一台が出来上がりました。
オーナー:松村 様

フロントフェンダーは

フロントフェンダーは

ノーマルを穴あけ加工をし、内部に取り付けたLEDの光がもれるように出来ています。
キャリパーや

キャリパーや

フロントフォークはクローム化されており足回りは完璧な状態に仕上げています。
ホイールは

ホイールは

人気のRCcomponentsのサベージを装着。今までで一番の装着率であるこのホイールは、古さを感じさせないデザインなんでしょうか?

CCFL

CCFL

イカリングを装着。青く光るリングがとても綺麗です。装着方法は詳しく教えられませんが基本的にボンドが落ちて剥がれたりはしません。
ミラーは

ミラーは

定番のロアリングトイズ製のコンベックスミラーを装着。車検にはサイズが合わないため通すことが出来ませんが視認性も非常に高いのでオススメです。
塗り忘れが

塗り忘れが

多く面倒な部分のスクリーン前部。ETCの配線がありペイントするにも大変だったそうです。ETC関連で基本的に配線を切ったりしないので装着したままペイントしてます。

カウルの各部に

カウルの各部に

ランソム製のスパイクビスを装着。A1Aのスパイクビスほど尖っていないのでまだ安心できます。
インパネには

インパネには

スムージング加工を施しツルツルに仕上げ、ピンストでofferings to the god of speed(スピードの神に捧げる)と書いてあります。
メーター周りは

メーター周りは

インナー同様に同色でペイント。トップクランプはロゴ入りのランソムのクランプに変更。またトップ下のクランプもクローム加工しています。

レバーは

レバーは

RC製のクロームレバーを装着しておりホイールと同メーカーの部品をここでそろえています。
ハンドルスイッチは

ハンドルスイッチは

他の部品同様にクローム化。スイッチボックスをインナーと同色に仕上げてもかっこいいですよ!
マスターシリンダーも

マスターシリンダーも

当然クローム化しておりトップキャップにはランソム製のロゴ入りキャップを使用しています。

フォークキャップには

フォークキャップには

ランソム製のスパイクキャップを装着。バーエンドや外装のスパイクビスと同形状なので統一感があってとてもいいですね!
ハンドル

ハンドル

グリップはランソム製のロゴ入りグリップを装着、またバーエンドには同社のスパイクバーエンドを装着しています。
左側の

左側の

ハンドル周りも同様にクローム化やランソム製のパーツを装備。

ミラー後方の

ミラー後方の

ネジ部分もスパイクビスに変更。細かいところを詰めて行くと仕上げのよさを感じていただけると思います。
マフラーは

マフラーは

ヨシムラジャパン製のトライオーバル2エンド2本出しが装着されています。松村様拘りの一本です。
パイソン

パイソン

キックスタンド。こちらはノーマル車高なのでノーマル同様の長さのものを使用していますが、ローダウン用もございます。

フロント

フロント

ステッププレートをクローム化。面積の大きさと曲面がとても綺麗に写りこむのでノーマルがオススメです。
タンデムステップも

タンデムステップも

同様にクローム化しており、ペダルにはランソム製のペグを装着。ハヤブサロゴが入っておりかっこいいです。
スイングアームは

スイングアームは

他の部品と同様にクローム加工しており、ノーマルの荒い面を全て削り落としています。

リア

リア

キャリパーやサポートもクローム化しており綺麗に仕上げています。欲を言えばブレーキホース等も変えて行きたいですね!ホイールはRCのサベージです。
PPM

PPM

PPM製のスケルトンクラッチカバーを装着。曲面の加工も綺麗でオススメの一品です。クラッチカバーを装着するならやっぱりPPMでしょう。
スターター

スターター

カバーはスケルトンタイプを装着。オイルの動きが見てわかりとてもメカニカルな雰囲気が出せます。

ガスキャップは

ガスキャップは

鍵無しで開閉できるキャップ(ロアリングトイズ製)の物を使用。スタンドでいちいち抜き差しする必要がありません。
シートは

シートは

アルカンターラレザーを使用。雨の日は全然使えませんが高級感がありこういう車両には良く似合います。
テールは

テールは

定番のPOSH製のクリアーLEDテールを装着。左右のウインカーバルブもクロームバルブを使用しており透明感を出しています。