08トライアンフデイトナ675レーサー!
WEB店やハスクバーナオフィシャルディーラー「ハスキーウエスト」その他もろもろを手掛けるワタクシ〈19sho-t@〉のマシンです^^3年落ちのデイトナですが、まだまだアマチュアレースでは現役?なハズ。何か参考になりますでしょうか???普段は高槻店においてあります~岡山国際サーキットで行われるモトレヴォリューションEF-SSMクラス仕様です。

FAC製レースカウル
オリジナルのレースカウル(アッパー/アンダー/シート)です。鈴鹿4H耐久レースでテストを行い、3世代目です。冷却効果があがります。(ただし、ストリートで使う場合はアンダーカウルに通風孔をあけた方が良いと思います。)FRP仕上げの黒ゲル・白ゲルとカーボン仕上げがあります。

ゼログラヴィティースクリーン
ゼログラヴィティーのダブルバブル(クリアー)を装着。ノーマルのスモークはあり得ませんw見えないからですが、スクリーンに潜れないので、走行会や高速ツーリングでも必須では無いでしょうか・・・

カーボンリアフェンダー
これはノーマルでもついていますが、少し長めのカーボン仕上げに交換しています。(メーカー忘れた・・・)

FAC製クラッチ・カムチェーンカバー&BFスライダー
MFJのレギュレーションでは必須になっているエンジン2次カバーと言われるパーツです。現在MFJは微妙かな?(規則が変わったので)効果も絶大ですが、ワタクシはルックス優先でつけてます^^ベビーフェイス製のクラッチ側のスライダーは絶対必要です!(何故かは高槻店・木寅/松村君まで・・・)

FAC製ジェネレータカバー
コチラもMFJでは必須パーツです。が現在は?です。見た目は引き締まっていいですよ~

ベビーフェイス製フレームスライダー
写真ではスペアのスライダーですが、本物はベビーフェイスのロゴ入りです。(レースだと、カウルの端面+20mmというのがあって、デイトナは少し切りますが・・・泣)ストリートではそんなことしなくていいです。ノーマルのカウルもOK。

ARROWフルチタンEX-STAGE1
こいつはやりますよwwwSTDマップの切り替えでも結構いけます!サブコンつけるとさらにいいです。でも、今手に入らないみたいね・・・orz パイプは他メーカーより太いです。

ベビーフェイス製ステップ
これも無くてはならないパーツですね・・・ポジションが決まらないとただでさえコーナーワークが下手なワタクシは上手く乗れません。ま、乗れても大したことはありませんが・・・ワタクシは逆シフトで使っています。

ストンプグリップ
こちらは「滑り止め」ですね・・・滑るのがいやな人と、動けないのがいやな人とタイプは分かれますが、ワタクシは滑るのがいやな方です。デイトナは細く、つい動きすぎて落ちかけましたw 最近まわりでつけてる人が増えました。

バトルファクトリー製ハンドル
ポジションも少し変更していますが、ノーマルからどれぐらいだったか・・・忘れました。基本的なことですが、ハンドル・ステップ・座面の加工(角度や座面)・滑り止めなど、トータルで好みに合わせるとまったく別のマシンになります。

アクティブ製ハイスロットル
サーキットには必須アイテムです。ノーマルはストレートで巻き取れないので全開にさせにくいです。一番タイムを稼げるセクションで握りなおし=タイムは出ませ~んwww 意外と気付かない方は、走ると危ないのでスタンドをかけて試すと良くわかりますよ。。。

シート加工
適度なサイズの写真が無くて・・・表皮はノンスリップに張り替えています。座面は後端が盛り上がって常に前のめりになるのを嫌ってフラットな状態に削っています。クッション性は要らないので薄くしてあります。ただしポジションは個々の好みがあるので、ベストはありません。。。

ALTH(アルト)製ブレーキローター”ステラ”
ストリートではどちらとも言えませんが、サーキットでは必要なレーシングディスクです。(特にデイトナは薄すぎるので)熱容量が少なくひずみやすいのでノーマルは使えません。(場所によると思いますが・・・)その点5.3mmのALTHはスプリントも耐久も全く問題ありませんでした!!!

ZCOO製ブレーキパッド”TYPE-C”
写真はありませんが~ストッピングパワー良し、パッド離れよし、耐摩耗性よし、価格・・・の優れもの、ZCOOのタイプCを愛用しています。他にも良いパッドはありますが、減らないので試せません(←いいすぎ?)。でも本当におすすめです。

MY09-純正フロントフォーク
~08モデルよりダンパーが効く?圧側がハイロー?ということもあり、MY09以降の純正フォークを装着しました!が、セットはしていませんので、傾向はまだわかりません。・・・

ブリヂストンタイヤ”R-10”
今年は2011最新スペックのR-10を使っています。フロントにタイプ3、リアにタイプ2を選びました。リアはタイプ3も使いましたが、タイプ2の方が押し出し感があっている、と思い2を使っています。以前は003PRO、ピレリディアブロスーパーコルサSC、MEレーステックも使っています。

エムザRバッテリー
流行りのリチウムイオンバッテリーです。3kg近い軽量化となります。他でも使うので思い切って投入しました~(リチウム専用充電器が必要です。)

DYNOJET製パワーコマンダーⅢ
言わずと知れたサブコンの代名詞、パワコマです。自分の腕の無さを肩代わりしてくれる頼もしきやつです。それとパワーアップは勿論ですが、適正な燃焼をさせる=エンジンのライフにも関わってきますので、永く乗るぜ!という人は早くつけた方がいいです。楽しいし。

BMC製エアフィルター
燃調を取る際に必ず変えたいところです。BMCは少々値が張るので、パイパーやDNAなどでも良いと思います。STDより高効率なのと、クリーナーを使って洗えるので3回交換するぐらい?で同金額なハズだから、いい買い物と思いますよ。。。

寺本自動車商会製T-REV
いわゆる排圧コントロールバルブですが、これはリードバルブタイプで作動性が良く、メンテナンスもほぼ不要という優れものです。効果はマシンによって差がありますが、体感キャンぺーンを当店でも行う機会があるので、要チェックですよ!今非常によく売れていますから~~~

ペイントワークは
大阪にある「DEATH☆LOW」の森田氏によるものです。デザインはワタクシですが、イメージ通りに仕上げていただきました~基本的にベタ塗りが好きなのであまり遊べ無かったみたいですが、ワタクシは十分満足です。ええ、自己満足ですが・・・

◎オーナー:19sho-t@ ◎担当:ハスキーウェスト(ハスキーウエスト) ◎掲載日:2011.08.17
カスタムバイクギャラリーTOPへ
08トライアンフデイトナ675レーサー!

08トライアンフデイトナ675レーサー!

WEB店やハスクバーナオフィシャルディーラー「ハスキーウエスト」その他もろもろを手掛けるワタクシ〈19sho-t@〉のマシンです^^3年落ちのデイトナですが、まだまだアマチュアレースでは現役?なハズ。何か参考になりますでしょうか???普段は高槻店においてあります~岡山国際サーキットで行われるモトレヴォリューションEF-SSMクラス仕様です。
オーナー:19sho-t@

FAC製レースカウル

FAC製レースカウル

オリジナルのレースカウル(アッパー/アンダー/シート)です。鈴鹿4H耐久レースでテストを行い、3世代目です。冷却効果があがります。(ただし、ストリートで使う場合はアンダーカウルに通風孔をあけた方が良いと思います。)FRP仕上げの黒ゲル・白ゲルとカーボン仕上げがあります。
ゼログラヴィティースクリーン

ゼログラヴィティースクリーン

ゼログラヴィティーのダブルバブル(クリアー)を装着。ノーマルのスモークはあり得ませんw見えないからですが、スクリーンに潜れないので、走行会や高速ツーリングでも必須では無いでしょうか・・・
カーボンリアフェンダー

カーボンリアフェンダー

これはノーマルでもついていますが、少し長めのカーボン仕上げに交換しています。(メーカー忘れた・・・)

FAC製クラッチ・カムチェーンカバー&BFスライダー

FAC製クラッチ・カムチェーンカバー&BFスライダー

MFJのレギュレーションでは必須になっているエンジン2次カバーと言われるパーツです。現在MFJは微妙かな?(規則が変わったので)効果も絶大ですが、ワタクシはルックス優先でつけてます^^ベビーフェイス製のクラッチ側のスライダーは絶対必要です!(何故かは高槻店・木寅/松村君まで・・・)
FAC製ジェネレータカバー

FAC製ジェネレータカバー

コチラもMFJでは必須パーツです。が現在は?です。見た目は引き締まっていいですよ~
ベビーフェイス製フレームスライダー

ベビーフェイス製フレームスライダー

写真ではスペアのスライダーですが、本物はベビーフェイスのロゴ入りです。(レースだと、カウルの端面+20mmというのがあって、デイトナは少し切りますが・・・泣)ストリートではそんなことしなくていいです。ノーマルのカウルもOK。

ARROWフルチタンEX-STAGE1

ARROWフルチタンEX-STAGE1

こいつはやりますよwwwSTDマップの切り替えでも結構いけます!サブコンつけるとさらにいいです。でも、今手に入らないみたいね・・・orz パイプは他メーカーより太いです。
ベビーフェイス製ステップ

ベビーフェイス製ステップ

これも無くてはならないパーツですね・・・ポジションが決まらないとただでさえコーナーワークが下手なワタクシは上手く乗れません。ま、乗れても大したことはありませんが・・・ワタクシは逆シフトで使っています。
ストンプグリップ

ストンプグリップ

こちらは「滑り止め」ですね・・・滑るのがいやな人と、動けないのがいやな人とタイプは分かれますが、ワタクシは滑るのがいやな方です。デイトナは細く、つい動きすぎて落ちかけましたw 最近まわりでつけてる人が増えました。

バトルファクトリー製ハンドル

バトルファクトリー製ハンドル

ポジションも少し変更していますが、ノーマルからどれぐらいだったか・・・忘れました。基本的なことですが、ハンドル・ステップ・座面の加工(角度や座面)・滑り止めなど、トータルで好みに合わせるとまったく別のマシンになります。
アクティブ製ハイスロットル

アクティブ製ハイスロットル

サーキットには必須アイテムです。ノーマルはストレートで巻き取れないので全開にさせにくいです。一番タイムを稼げるセクションで握りなおし=タイムは出ませ~んwww 意外と気付かない方は、走ると危ないのでスタンドをかけて試すと良くわかりますよ。。。
シート加工

シート加工

適度なサイズの写真が無くて・・・表皮はノンスリップに張り替えています。座面は後端が盛り上がって常に前のめりになるのを嫌ってフラットな状態に削っています。クッション性は要らないので薄くしてあります。ただしポジションは個々の好みがあるので、ベストはありません。。。

ALTH(アルト)製ブレーキローター”ステラ”

ALTH(アルト)製ブレーキローター”ステラ”

ストリートではどちらとも言えませんが、サーキットでは必要なレーシングディスクです。(特にデイトナは薄すぎるので)熱容量が少なくひずみやすいのでノーマルは使えません。(場所によると思いますが・・・)その点5.3mmのALTHはスプリントも耐久も全く問題ありませんでした!!!
ZCOO製ブレーキパッド”TYPE-C”

ZCOO製ブレーキパッド”TYPE-C”

写真はありませんが~ストッピングパワー良し、パッド離れよし、耐摩耗性よし、価格・・・の優れもの、ZCOOのタイプCを愛用しています。他にも良いパッドはありますが、減らないので試せません(←いいすぎ?)。でも本当におすすめです。
MY09-純正フロントフォーク

MY09-純正フロントフォーク

~08モデルよりダンパーが効く?圧側がハイロー?ということもあり、MY09以降の純正フォークを装着しました!が、セットはしていませんので、傾向はまだわかりません。・・・

ブリヂストンタイヤ”R-10”

ブリヂストンタイヤ”R-10”

今年は2011最新スペックのR-10を使っています。フロントにタイプ3、リアにタイプ2を選びました。リアはタイプ3も使いましたが、タイプ2の方が押し出し感があっている、と思い2を使っています。以前は003PRO、ピレリディアブロスーパーコルサSC、MEレーステックも使っています。
エムザRバッテリー

エムザRバッテリー

流行りのリチウムイオンバッテリーです。3kg近い軽量化となります。他でも使うので思い切って投入しました~(リチウム専用充電器が必要です。)
DYNOJET製パワーコマンダーⅢ

DYNOJET製パワーコマンダーⅢ

言わずと知れたサブコンの代名詞、パワコマです。自分の腕の無さを肩代わりしてくれる頼もしきやつです。それとパワーアップは勿論ですが、適正な燃焼をさせる=エンジンのライフにも関わってきますので、永く乗るぜ!という人は早くつけた方がいいです。楽しいし。

BMC製エアフィルター

BMC製エアフィルター

燃調を取る際に必ず変えたいところです。BMCは少々値が張るので、パイパーやDNAなどでも良いと思います。STDより高効率なのと、クリーナーを使って洗えるので3回交換するぐらい?で同金額なハズだから、いい買い物と思いますよ。。。
寺本自動車商会製T-REV

寺本自動車商会製T-REV

いわゆる排圧コントロールバルブですが、これはリードバルブタイプで作動性が良く、メンテナンスもほぼ不要という優れものです。効果はマシンによって差がありますが、体感キャンぺーンを当店でも行う機会があるので、要チェックですよ!今非常によく売れていますから~~~
ペイントワークは

ペイントワークは

大阪にある「DEATH☆LOW」の森田氏によるものです。デザインはワタクシですが、イメージ通りに仕上げていただきました~基本的にベタ塗りが好きなのであまり遊べ無かったみたいですが、ワタクシは十分満足です。ええ、自己満足ですが・・・