10BUSA US STREET CUSTOM 日記 木下様編 其の四 (GSX1300R ハヤブサ カスタム)

ど〜も〜ぼくです。遂に乗ったよ!念願のニューマフラーの10Rに乗りました!乗り心地は?正直悪いです…。曲がらないし、止まらない、うるさいし、会話が聞こえない。まったく良いこと無しのバイクですが、外に出ると色んな人にちやほやされるのが気持ち良いのでそんなバイクでも大好きです。
これがスライダーで、他にベースが必要。
さて今回の木下様のカスタムはと言いますと、カウルを外していく過程でカスタムが可能なフレームスライダーの取付けです。今回装着するのはライズさん取り扱いのVORTEX製フレームスライダーを装着します。こちらのスライダーは他社のスライダーと違いジュラコン部分は共通でベースを車種専用としているため色の選択が可能に!またベース自体もネジや簡単なスペーサーと言うわけでなくしっかりとしたベースが付くので転倒してもかなり安心です。
取り付けに関しては、ある道具と某D社の型紙を使えば比較的簡単に作業が進められます。もちろん簡単といってもカウルに穴を開けるのでそれなりに慎重に取り扱わないと取り返しのつかない事になってしまいます。
使う工具はこのステップドリルを使えばスルスルと穴が広がっていきます。
これがとても便利!一家に一本いかが?
したの穴が開けたほうです。とりあえずこれでOK。
後はカウルを外してベースを組み付けて穴のサイズをリューターで少しずつ丁寧に広げていきます。このときに注意しないといけないのがスライダーの向き。カウルはフレームと水平ではないのであくまでもベースの向きと位置を確認しながら穴をあけないといけません。最新の注意を払えば最低限の穴サイズで綺麗に明けることが出来ます。
どう?綺麗でしょ!あせらず慎重に穴を広げましょう。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!