まったり、ゆったりツーリングに行く前に。疲れた潤滑油を入れ替えた。

こんにちは、本店のちっちゃいおっちゃんの真利です。

朝晩が、やっと秋らしくなって来たと思っていたら昼間は25℃以上の気温で
天気予報でも 『 夏日 』って連呼されている今日この頃。

もう11月で年賀状が発売になったり、天気予報の天気図が冬仕様に変わっていたりと
秋から冬に向かっていないといけないはずなのに・・・。

まぁ、昼間は、オートバイに乗るのに丁度良い位の温度なのでツーリングなんかに行かれて
いる方も非常に多い様ですね。

そんな閑散暇話は置いといて、今回も実際に使ってみたアイテムのインプレを。
(個人的な主観が入っている点もあると思いますので・・・。)

気持ちいいシフトタッチが変わらないスイス・ハイクオリティ・オイル
パノリンオイルは極端に熱に強く、常温域では柔らかく、高温域までしっかり保護するロングライフオイル。
小排気量車~レーシングユースまで幅広く使用できるハイクオリティオイルです。
PANOLINオイルの特長

1)、熱ダレ対策に効果的

高性能スーパースポーツ、空冷・油冷ビッグバイク、ボアアップした車両など、真夏の渋滞路等でエンジン
ストールしてしまったり、オーバーヒートしてシフトが入りにくくなってしまったり…。
パノリンオイルは極端に熱に強く、オーバーヒートを防ぎます。
例えば、水冷バイクなら水温さえも抑えられます。

2)、シフトタッチが変わらないロングライフ。

最近の高性能オイルは1000km~3000km程度で、急にシフトが入りにくくなったり、レスポンスが悪くなったりという事を感じた事はありませんか?パノリンオイルは急激にシフトタッチが変わってしまうようなことがないロングライフオイル。次回のオイル交換時まで、気持ちいいシフトタッチを持続します
気持ちいいレスポンス

パノリンオイルのベースに使われている、独自に開発されたスーパーハイテック・エステルの皮膜は薄くて強靭。 レスポンスの向上に大きく貢献しています。
また、金属への吸着性が高く、長期間エンジンをかけなくても油膜が流れ落ちにくい性能を持っています。

3)、シフトタッチとクラッチ性能が向上

シフトが入りにくい、クラッチのキレが悪い、信号待ちでニュートラルから1速に入れると大きな音とショックがある、などなど。 パノリンオイルは金属同士の緩衝を穏やかにし、クラッチを滑らせずに確実なクラッチの切れとシフトミスの軽減を実現します

4)、小排気量車から大型車両まで使用可能!

パノリンオイルの100%シンセティック(化学合成油)10W/50。
一般的にこの数字だけ見ると粘度が硬く、小排気量車やレーサー、冬場の使用は無理…などのイメージがありますが、パノリンオイルは違います。 低温時ではさらさら、高温域ではしっかり保護する独自の「レシピ」。 小排気量車からビッグバイク、レーサーまで、シーズンを通じて快適なバイクライフを楽しめます。
後ろは、富士山。残念、雲に隠れてますが・・・・・。
熱ダレに強い!?!?、この一言に強く心引かれた、ちっちゃいおっちゃんです。

883ccの空冷V-Twinエンジンは、もの凄~い熱量なのです。

季節に関係なく小一時間も走ったら (そんなに無茶苦茶な走りはしませんよ) かなり油温が上がってしまうのです。

使用しているオイルは、HD純正オイル 20W-50 高性能鉱物性エンジンオイルです。
コレはコレで良く考えられて作られているオイルで特に何か不満がある訳ではないのですが、・・・・


と言う事で今回チョイスしたのが、コレです。

4サイクルオイル4T RACE 10W/50

超高性能 スーパーハイテック・エステル100%オイル

薄くて強靭な油膜による鋭いアクセルレスポンスと安定したミッションタッチを長時間持続。
小排気量車~ビッグバイク、街乗り~レースと幅広く対応。摩擦抵抗が少なく、
エンジン本来のパワーをロスせず発揮させる、勝つためのオイル。もちろん公道でのパフォーマンスも最高。

では、実際に入れてみた感想を。
朝、晩の気温が下がっている時の始動性が良くなった。
私のスポスタは、キャブ車なんですが、エンジン (キャブレター) が温まるまで結構気難しいのですが、
パノリンにしてからは、かなり軽減されました。(実際に暖気時間が短くなった)
通勤にも使用しているのですが (往復:40Km位) エンジンの吹け上がり(軽く回る?)良くなった印象です。
特に50~60Km/hあたりで走行している時の不快な振動も軽減された感じです。




ファーストインプレッションですが、かなり好感触なオイルです。

100%化学合成オイルをハーレー系のエンジンに使用することには賛否両論がありますが・・・、結果としては、良い感じにいってます。

(ミッションやクラッチに関しては、エンジンの構造上オイルが別経路になっている為、体感する事は出来ません)

しばらくは続けて使ってみようと思っていますので何か有れば又アップしたいと思います。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!