【TE250カスタム】本格オフロードマシン
本店モタード担当改め、オフロード担当川口です。今回ご紹介するバイクは本店発のオフ車カスタム第一弾となる『ハスクバーナTE250』です。本格的なエンデューロバイクでありながら初心者の方でも気軽に乗りやすいバイクになっています。

サイクラ製プロベントCRMガード
万が一の転倒時にもケーブルがハンドガードに干渉しない様にアーム部分に曲げ加工が施されたタイプを使用。

クラッチホースに干渉しない
この年式のハスクバーナの場合クラッチマスターがブレンボ製の物に変更されていて他のハンドガードだとクラッチホースに干渉してしまいますが、このハンドガードなら写真のとおりキレイにホースを逃がすように取り付け出来ます

ステップは・・・
DRC製クロモリワイドフットペグに変更。 ポジションもノーマルの『MID』以外にHIGH(5mmアップ)とLOW(5mmダウン)の3タイプから選べます。ちなみに装着したのはLOWタイプです

万が一の為に・・・
DRC製ブレーキセーバーを装着。オフロード走行時にブレーキペダルが岩等に接触した際に破損しないようにしてくれる優れもの。林道ツーリングの時にもトラブルの防止に役立ちます。

オフロード走行には必須!!
ZETA製フロントディスクガード。飛び石や轍の走行からディスクローターを守ってくれます。その他、泥の付着を軽減して安定したブレーキ性能を確保します。※取り付けには車種専用のマウントキットが別途必要になります。

ストロークの多いオフロードバイクだからこそ
ZETA製フォークトップブリーダーを装備。動きの激しいオフロードのフロントフォークフォーク。走行しているとフォーク内の内圧が上がりフォークの動きに悪影響を与えます。コレをつければフォーク内の空気圧をワンプッシュで大気圧に調整してフロントフォークの動きを安定させられます。

細かい所もコダワリを・・・
ZETA製オイルフィラーキャップ。ワイヤリングの穴が付いているので振動の多いオフロードバイクでも走行中にフィラーキャップが緩んでしまう事はありません。

ガソリンキャップに合わせて
ステムナットもZETA製。随所に車体色に合わせたアルミパーツを使用することで全体をドレスアップしています。

タンクキャップもモチロン
ZETA製のガスキャップ。車体色に合わせてレッドをチョイス。純正のようなプラスチック製のキャップだと締めすぎによる破損もありますが、アルミ製で破損の心配なし。しかも純正に比べて格段にガスキャップを締めやすくなります。

裏技有りのラジエターホース
ホースはDRC製シリコンラジエターホースへ変更。 実はこのホースTE250用ではなく、モトクロッサーのTC250用のホース。 TE250にノーマルで付いているサーモスタットをTC用のジョイントパイプに変更する事で確実にラジエターへ冷却水を送り水温を下げる事が出来ます。

ヘッドライトは
公道走行はしないのでヘッドライトを外し、Zカーボン製のヘッドライトエリミネーターを装着。カーボン製で純正のライトに比べ大幅にステム周りを軽量化させることができます。

オフロードに転倒は付き物なので
転倒時に破損しやすいラジエターを保護する為にメカシステム製ラジエターガードを装着。肉厚のアルミで、ラジエターを両側から挟みこむタイプ。横方向に対しての強度も抜群で転倒の際にラジエターをしっかりガードしてくれます。

マフラーは
レオビンチ製のスリップオンマフラーを装着。チタンサイレンサーとカーボンエンドのレーシーな見た目と、大幅な軽量化を実現。実はこのマフラーハスクバーナのオプションパーツ。サイレンサーには「Husqvarna」のロゴがあしらわれています。

125ccと間違えそうになる・・・
わずか22kgの超軽量エンジン「「X-Light」」を搭載。ミクニ製デジタルフューエルインジェクションD42との組み合わせで、軽量、コンパクト、高出力なだけでなく扱いやすいトルク出力特性になっています。

フロントフォークは
モタードで使用している「マルゾッキ」製と違い、TE250ではKYB製48Φ倒立フォークを標準装備。圧側伸び側とも調整機能付。 驚くほど動きがスムーズで、コンパクトなエンジンとの絶妙なバランスで、クッション性能を向上させています。

デカールは
世界エンデューロ選手権で2010年E1クラス、2011年E2クラスで2連覇の偉業を達成した「アントワン・メオ」選手と同じデザインのデカール。シュラウドアッパーは純正のレッドからホワイトに変更する事でオリジナリティを出しています。

シートカウルも
メオベース!!全体にデカールを貼る事で一気にレーシーな雰囲気に変わります。

右側の写真
殆どのバイクは右側にマフラーが着いているため右から写真を撮ることが多いですが、このバイクのマフラーは左出し。トップの画像を左にしたのでいつも撮影する右側がこちら。全体的にデカールを貼っている事でノーマルの車体よりもかなり本格的な雰囲気に仕上がっています。

◎オーナー:本店スタッフ ◎担当:川口 弘壮(本店) ◎掲載日:2012.03.13
カスタムバイクギャラリーTOPへ
【TE250カスタム】本格オフロードマシン

【TE250カスタム】本格オフロードマシン

本店モタード担当改め、オフロード担当川口です。今回ご紹介するバイクは本店発のオフ車カスタム第一弾となる『ハスクバーナTE250』です。本格的なエンデューロバイクでありながら初心者の方でも気軽に乗りやすいバイクになっています。
オーナー:本店スタッフ

サイクラ製プロベントCRMガード

サイクラ製プロベントCRMガード

万が一の転倒時にもケーブルがハンドガードに干渉しない様にアーム部分に曲げ加工が施されたタイプを使用。
クラッチホースに干渉しない

クラッチホースに干渉しない

この年式のハスクバーナの場合クラッチマスターがブレンボ製の物に変更されていて他のハンドガードだとクラッチホースに干渉してしまいますが、このハンドガードなら写真のとおりキレイにホースを逃がすように取り付け出来ます
ステップは・・・

ステップは・・・

DRC製クロモリワイドフットペグに変更。 ポジションもノーマルの『MID』以外にHIGH(5mmアップ)とLOW(5mmダウン)の3タイプから選べます。ちなみに装着したのはLOWタイプです

万が一の為に・・・

万が一の為に・・・

DRC製ブレーキセーバーを装着。オフロード走行時にブレーキペダルが岩等に接触した際に破損しないようにしてくれる優れもの。林道ツーリングの時にもトラブルの防止に役立ちます。
オフロード走行には必須!!

オフロード走行には必須!!

ZETA製フロントディスクガード。飛び石や轍の走行からディスクローターを守ってくれます。その他、泥の付着を軽減して安定したブレーキ性能を確保します。※取り付けには車種専用のマウントキットが別途必要になります。
ストロークの多いオフロードバイクだからこそ

ストロークの多いオフロードバイクだからこそ

ZETA製フォークトップブリーダーを装備。動きの激しいオフロードのフロントフォークフォーク。走行しているとフォーク内の内圧が上がりフォークの動きに悪影響を与えます。コレをつければフォーク内の空気圧をワンプッシュで大気圧に調整してフロントフォークの動きを安定させられます。

細かい所もコダワリを・・・

細かい所もコダワリを・・・

ZETA製オイルフィラーキャップ。ワイヤリングの穴が付いているので振動の多いオフロードバイクでも走行中にフィラーキャップが緩んでしまう事はありません。
ガソリンキャップに合わせて

ガソリンキャップに合わせて

ステムナットもZETA製。随所に車体色に合わせたアルミパーツを使用することで全体をドレスアップしています。
タンクキャップもモチロン

タンクキャップもモチロン

ZETA製のガスキャップ。車体色に合わせてレッドをチョイス。純正のようなプラスチック製のキャップだと締めすぎによる破損もありますが、アルミ製で破損の心配なし。しかも純正に比べて格段にガスキャップを締めやすくなります。

裏技有りのラジエターホース

裏技有りのラジエターホース

ホースはDRC製シリコンラジエターホースへ変更。 実はこのホースTE250用ではなく、モトクロッサーのTC250用のホース。 TE250にノーマルで付いているサーモスタットをTC用のジョイントパイプに変更する事で確実にラジエターへ冷却水を送り水温を下げる事が出来ます。
ヘッドライトは

ヘッドライトは

公道走行はしないのでヘッドライトを外し、Zカーボン製のヘッドライトエリミネーターを装着。カーボン製で純正のライトに比べ大幅にステム周りを軽量化させることができます。
オフロードに転倒は付き物なので

オフロードに転倒は付き物なので

転倒時に破損しやすいラジエターを保護する為にメカシステム製ラジエターガードを装着。肉厚のアルミで、ラジエターを両側から挟みこむタイプ。横方向に対しての強度も抜群で転倒の際にラジエターをしっかりガードしてくれます。

マフラーは

マフラーは

レオビンチ製のスリップオンマフラーを装着。チタンサイレンサーとカーボンエンドのレーシーな見た目と、大幅な軽量化を実現。実はこのマフラーハスクバーナのオプションパーツ。サイレンサーには「Husqvarna」のロゴがあしらわれています。
125ccと間違えそうになる・・・

125ccと間違えそうになる・・・

わずか22kgの超軽量エンジン「「X-Light」」を搭載。ミクニ製デジタルフューエルインジェクションD42との組み合わせで、軽量、コンパクト、高出力なだけでなく扱いやすいトルク出力特性になっています。
フロントフォークは

フロントフォークは

モタードで使用している「マルゾッキ」製と違い、TE250ではKYB製48Φ倒立フォークを標準装備。圧側伸び側とも調整機能付。 驚くほど動きがスムーズで、コンパクトなエンジンとの絶妙なバランスで、クッション性能を向上させています。

デカールは

デカールは

世界エンデューロ選手権で2010年E1クラス、2011年E2クラスで2連覇の偉業を達成した「アントワン・メオ」選手と同じデザインのデカール。シュラウドアッパーは純正のレッドからホワイトに変更する事でオリジナリティを出しています。
シートカウルも

シートカウルも

メオベース!!全体にデカールを貼る事で一気にレーシーな雰囲気に変わります。
右側の写真

右側の写真

殆どのバイクは右側にマフラーが着いているため右から写真を撮ることが多いですが、このバイクのマフラーは左出し。トップの画像を左にしたのでいつも撮影する右側がこちら。全体的にデカールを貼っている事でノーマルの車体よりもかなり本格的な雰囲気に仕上がっています。