11 BUSA US STREET CUSTOM 日記 神園様 其の九

大量の差し入れと、X5名古屋に頂いたアワードがようやく届いたそうです…。
毎度!浦安店の安冨です。なんだかココ最近雨が多いような気がします。バイク乗りにとって雨は大敵!また、ぼくの担当であるUSパーツのメッキも雨や湿気が大敵となってるためとても不快ですが、雨も時にはいい事があります。何で?…意外にお預かりしている作業が進むんです。実際冬場にカスタムが入るのもやれることが沢山あって喜ばしいことなんですよ!今時期はぼくにとっては恵みの雨なんです。
トップブリッジと、ハンドルスイッチを先ずは装着します。
あいにくの雨と言うこともあり作業が思うように進んでいますので、どんどん紹介していきます。取りあえずはそうですね~ハンドル周りから行きましょうか。
神園様のハヤブサは2011年式で、イモビライザーが標準装備されていますのでいつものようにクロームのキーホールカバーを装着することが出来ませんが、ここは当店の優秀なメカニックにお任せして先ずは出来るところからやっていきます。
とりあえずノーマルのハンドル周りを分解していきます。車検には尖った部品を付けずに通すためとりあえず、スイッチとブレーキマスター、トップブリッジにトップカバーを装着していきます。この辺の部品は、ただ組み替えるだけなので問題なく進めることが出来ます。
行ったり来たりになりますが少しずつ変更していきます。
メッキハンドルスイッチ。とても綺麗に出来上がっています。
スパイク型のトップクランプに、キーホールカバー。イモビは??
ハンドル周りの交換がすめば次はフロントホイール周りを組みつけていきます。今回使用するホイールはRccomponents製のTempestを装着。ぼくのホイールと一緒ですね!このホイールの売りはやはり何と言ってもスポークの多さですよね!実際問題掃除は大変ですが、何よりカッコイイ!迷ったらコレです。
メッキキャリパーやフロントフォーク、ホイールにモトマスターのフレイムディスク(クローム)を装着しました。
本日はココまでで終わり。次はエンジンカバーやら、マフラーやら色々紹介できると思います。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!