鉄馬イジリ、ちょっとづつですがやってますぅ。【RSDダービーカバー装着の巻】

まいど!浦安店の安冨です。新連載開始!鉄馬いじりブログ。今回新たに設立したコーナーは、日常のメンテナンスから、ツーリングレポート、ツーリング用品、カスタムパーツやカスタムそのものなど色んな事を紹介していきたいと思います。このブログは浦安店全員で更新していきますのでお楽しみに!
装着するのはRSD製のダービーカバーです。
先ずはライトなカスタムからと行きたいところだったんですが、ぼくはいきなりハードなところからせめて行きたいと思います。今回使用するのは当店メカニックの山﨑のハーレーです。一言にハーレーとくくるのは簡単ですが、その種類は年々増えるばかりです。やはりそういったものにも今後は調べていかないとお話にならないですよね!
装着は至って簡単?ですよね…。実は開けてビックリ!!なんと山﨑の車両にはVPクラッチなる物が付いているじゃないですか。本人もどうりでクラッチが軽いと思ったと言っているぐらい、クラッチの軽量に役立つ部品が付いていたんです。
自分のハーレーとはいえ、緊張していました。
いいもん付いてるやん!
っていうかあたってね~か?
残念ながらこの役に立つ部品が邪魔をしてカバーの装着が出来なくなってしまったんです。がっくりしていた山﨑に一言!スペーサー作れば?確かにノーマルのクリアランスを計算してスペーサーを作ればいけると踏んだ山崎は即ワンオフの依頼。翌日には部品が届き何とか無事に装着できました。
アルミ削りだし!のプレートをワンオフで作成。
作ったのは10mm厚でしたが、8mmぐらいでもいけるかも…。
とまぁこんな感じで色んな事を色んなスタッフが進めていきますのでお楽しみに!カスタムだけじゃないですからね!
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!