チェーンのメンテナンスしてますか?

はじめまして、名古屋店PITスタッフの佐伯です(´∀`)
愛車のYAMAHA トリッカーでのほほんとバイクライフを楽しんでいます。

ところで皆さんはチェーンのメンテナンスしてますか?
チェーンはエンジンの動力をリヤタイヤに伝える重要な役割を持ったパーツです。

昨今のガソリン高騰、メンテされていないチェーンは財布に厳しかったりします。
チェーンの状態が悪いと加速や燃費が悪くなったり、走行中にチェーンが外れたり、切れてしまって危険なトラブルを招きます。

ところでチェーンのメンテナンスってなにするの?(’’

1. チェーンの洗浄
2. チェーンの注油
3. チェーンの張り調整
1. チェーンの洗浄
チェーンはグリス(チェーン油)で潤滑を行っていますが、長期潤滑や飛散防止の為に粘度の高いものが使われています。
使用(走行)していると、埃や古くなったチェーン油が積もってチェーンが汚れてきます。
この汚れがチェーンの動きを徐々に悪くしていきます。
チェーン本来の動きが出来る様に余計な汚れを落として綺麗にしてあげます。
2. チェーンの注油
チェーンは金属で出来ていますので、スムーズに動くように油で潤滑してあげなければいけません。
チェーンにしっかりと油を塗る事で、動きをスムーズにし、サビの発生を防ぎ、スプロケット(歯車)の磨耗を軽減してくれます。
チェーンに注油をしないと、チェーンの寿命を減らす他にスプロケットの寿命も減らしますし、エンジンにも負担を掛けてしまいます。
※チェーンの潤滑に使用する油は専用の物を使用しないと、飛散してリヤタイヤやリヤブレーキに油がついたり、直ぐに油切れをおこしてしまったりします。
3. チェーンの張り調整
チェーンには適正な張り調整が必要です。
スムーズに動き、サスペンションの作動を妨げない様に調整してあげます。
チェーンは使用(走行)していると磨耗によりチェーンが伸びてきます。
チェーンが伸びてくるとチェーンの遊び(たわみ)が大きくなり、走行時にチェーンが暴れます。
このチェーンの暴れが抵抗を増し、チェーンの磨耗を早めたり、エンジンへの負担を増やします。
また、調整しないで使用していると、走行中にチェーンが外れる等の危険なトラブルに繋がります。
この3つをしっかりメンテナンスする事でエンジンの動力をスムーズにリタタイヤに伝え、快適に走れます。
チェーンのメンテナンスをしてあげる事で数馬力上がったんじゃないかってぐらい体感出来るパーツです。

ところが、このチェーンのメンテナンスがなかなか面倒臭く、危険を伴います。
チェーンの洗浄や注油の為にリヤタイヤを回してあげなければいけませんし、やり方を間違えると大怪我をしてしまう恐れがあります。

危険を伴う作業になりますので、作業は是非、レーシングワールドにお任せ下さい(´∀`)
最近、チェーンのメンテしてないなーって方や、走行中にチェーンの音が気になる方は一度ご相談下さい。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!