リトルハスクバーナ! ②
以前ご紹介しました「TE125」をさらにブラッシュアップしました~昨シーズンは近畿レアルワン150ccクラスのチャンピオンマシンにもなりました!今年もモデファイを進め、第1戦の名阪ラウンドも1/1で2ヒート優勝!モタードに・エンデューロに・1台で2度おいしい、そんな125ccの進化はまだまだ続きます。

元のバイクはコレです。
そもそもハスクバーナ「TE」シリーズとは世界戦のエンデューロを戦うハスクの常勝マシンなわけでして・・・その末弟がこの4st125ccシリーズなんですが、入門編ということでエンジンはミナレリ・ヤマハ(スペイン)製です。。。

前回ご紹介したのがコレです・・・
オプションホイールKIT+タイヤに交換すれば、オフ車がモタード車になるんですね~フェンダーも合わせて付け替えています。この時はスカルビー二製のフルEX+STDキャブ+フルパワーインナーでしたが・・・

レオヴィンチ フルEXに交換!
ハスクバーナパワーパーツとしてデリバリーされているレオヴィンチ社製に交換しました。EXパイプの太さに惹かれましたw

ケイヒンPWKキャブレターを換装
STDはおなじケイヒンのCVK29Φ(加速ポンプ付き)ですが、これをPWK28Φのスライドキャブに変更です。凄まじいパワーアップ!は望めませんが、負圧キャブと違い、ピックアップやコントロールは良くなっています。暖まるまでが不安定ですが・・・

プロテーパープロファイルクラッチパーチ。
ノーマルはクラッチのミートポイントをアジャストするのに工具がいります。こういうタイプだとワンタッチでできちゃうんですよね~しかもレバーの遠近も調整できるので、ちょっとレバーが遠いな、という人にはいいですよ。ワタクシはノーマルを曲げてましたが。。。

某社製マスターシリンダー。
こちらもブレーキレバーを折ったので、ついでに交換しちゃいました~これもレバーの遠近がアジャストできます。最初からショートレバーなのとレバー自体が安いので、折れてもフトコロに優しいです。。。

ピレリ ディアブロ ロッソⅡを使用。
タイヤはSBKをコントロールする、ピレリ「ロッソⅡ」110/70Rー17x140/70Rー17です。このサイズはいわゆるレギュレーション対策でこのデザインを使っただけの中身は「ディアブロスーパーコルサSC2」みたいなもんです。そのコンパウンドみたいなものをRレンジに載せた、まさにレースタイヤなワケです。

チェーン&スプロケ。
ハスクバーナ純正アルミスプロケット(ハスク乗りは赤に惹かれるんです)にD.I.D社の428サイズレーシングチェーンを合わせます。

フルデカールを作成しました。
制作はヤマハワークスYZ450F(成田選手車)も手懸ける「ウラン・マーキングデザイン」さんで仕上げてもらいました。デザインはワタクシたちの全日本モタードチーム、「チームフロンティア・ハスクバーナ +ハスキーウエスト&グライドライド」(←長くてゴメンナサイ。)のレプリカです。ゼッケンはレアルワン仕様、固定ゼッケン001ではなく、「19」で作成。(←スペンサー好きなもんで・・・)

こんなところや・・・
あんなところまで、走れます。125ccには厳しいかも、というような箇所も意外と行けました。

サンドコーナーでも・・・
ケッコウ頑張ってくれます。車高の高さ=足つきの悪さ、ですが、走破性、となるとやはり最高です!サンドの中でもしっかりバンクしてくれます!

モタードもオフもおまかせ!!
というほどの事はできませんが~1台で2度美味しいのはホントですよ!!あと125ccなので、維持費はホントに安いですし。パワーが無い=タイヤ減らないので、思う存分遊べますしね!!!当店ではモタード・オフに行く125ccユーザー様が増殖中ですので、楽しいですよ!ぜひ一度ご相談ください!(ここでご案内した商品はすべて取り扱っております。)

◎オーナー:♯19sho-t@ ◎担当:ハスキーウェスト(ハスキーウエスト) ◎掲載日:2012.06.12
カスタムバイクギャラリーTOPへ
リトルハスクバーナ! ②

リトルハスクバーナ! ②

以前ご紹介しました「TE125」をさらにブラッシュアップしました~昨シーズンは近畿レアルワン150ccクラスのチャンピオンマシンにもなりました!今年もモデファイを進め、第1戦の名阪ラウンドも1/1で2ヒート優勝!モタードに・エンデューロに・1台で2度おいしい、そんな125ccの進化はまだまだ続きます。
オーナー:♯19sho-t@

元のバイクはコレです。

元のバイクはコレです。

そもそもハスクバーナ「TE」シリーズとは世界戦のエンデューロを戦うハスクの常勝マシンなわけでして・・・その末弟がこの4st125ccシリーズなんですが、入門編ということでエンジンはミナレリ・ヤマハ(スペイン)製です。。。
前回ご紹介したのがコレです・・・

前回ご紹介したのがコレです・・・

オプションホイールKIT+タイヤに交換すれば、オフ車がモタード車になるんですね~フェンダーも合わせて付け替えています。この時はスカルビー二製のフルEX+STDキャブ+フルパワーインナーでしたが・・・
レオヴィンチ フルEXに交換!

レオヴィンチ フルEXに交換!

ハスクバーナパワーパーツとしてデリバリーされているレオヴィンチ社製に交換しました。EXパイプの太さに惹かれましたw

ケイヒンPWKキャブレターを換装

ケイヒンPWKキャブレターを換装

STDはおなじケイヒンのCVK29Φ(加速ポンプ付き)ですが、これをPWK28Φのスライドキャブに変更です。凄まじいパワーアップ!は望めませんが、負圧キャブと違い、ピックアップやコントロールは良くなっています。暖まるまでが不安定ですが・・・
プロテーパープロファイルクラッチパーチ。

プロテーパープロファイルクラッチパーチ。

ノーマルはクラッチのミートポイントをアジャストするのに工具がいります。こういうタイプだとワンタッチでできちゃうんですよね~しかもレバーの遠近も調整できるので、ちょっとレバーが遠いな、という人にはいいですよ。ワタクシはノーマルを曲げてましたが。。。
某社製マスターシリンダー。

某社製マスターシリンダー。

こちらもブレーキレバーを折ったので、ついでに交換しちゃいました~これもレバーの遠近がアジャストできます。最初からショートレバーなのとレバー自体が安いので、折れてもフトコロに優しいです。。。

ピレリ ディアブロ ロッソⅡを使用。

ピレリ ディアブロ ロッソⅡを使用。

タイヤはSBKをコントロールする、ピレリ「ロッソⅡ」110/70Rー17x140/70Rー17です。このサイズはいわゆるレギュレーション対策でこのデザインを使っただけの中身は「ディアブロスーパーコルサSC2」みたいなもんです。そのコンパウンドみたいなものをRレンジに載せた、まさにレースタイヤなワケです。
チェーン&スプロケ。

チェーン&スプロケ。

ハスクバーナ純正アルミスプロケット(ハスク乗りは赤に惹かれるんです)にD.I.D社の428サイズレーシングチェーンを合わせます。
フルデカールを作成しました。

フルデカールを作成しました。

制作はヤマハワークスYZ450F(成田選手車)も手懸ける「ウラン・マーキングデザイン」さんで仕上げてもらいました。デザインはワタクシたちの全日本モタードチーム、「チームフロンティア・ハスクバーナ +ハスキーウエスト&グライドライド」(←長くてゴメンナサイ。)のレプリカです。ゼッケンはレアルワン仕様、固定ゼッケン001ではなく、「19」で作成。(←スペンサー好きなもんで・・・)

こんなところや・・・

こんなところや・・・

あんなところまで、走れます。125ccには厳しいかも、というような箇所も意外と行けました。
サンドコーナーでも・・・

サンドコーナーでも・・・

ケッコウ頑張ってくれます。車高の高さ=足つきの悪さ、ですが、走破性、となるとやはり最高です!サンドの中でもしっかりバンクしてくれます!
モタードもオフもおまかせ!!

モタードもオフもおまかせ!!

というほどの事はできませんが~1台で2度美味しいのはホントですよ!!あと125ccなので、維持費はホントに安いですし。パワーが無い=タイヤ減らないので、思う存分遊べますしね!!!当店ではモタード・オフに行く125ccユーザー様が増殖中ですので、楽しいですよ!ぜひ一度ご相談ください!(ここでご案内した商品はすべて取り扱っております。)