US STREET CUSTOM NO-31
ハヤブサから乗り換えて約一年の間でココまで出来上がりました。 今回は足回りを交換することは無く、正統派とでも言いましょうか前後にオーリンズのサスペンションを組み込み300の足回りより乗りやすくしています。 基本的に派手好きなのでホイールはRCで外装はオールペンしています。

ディスクは
ブレンボ製のグルーブディスクダブルアルマイト仕様を装着しています。ちなみにサイズは320Φです。

フロントの
足回りは気づきにくいかもしれませんがオーリンズのフロントフォークを分解しアルマイトをしています。ブレーキはブレンボのビレットをペイントしています。

マスターは
もちろんブレンボ製のRCSを装着。コントロール性は抜群です!

ライト内部には
LEDタイプのイカリングを装着。昼間は基盤が見えるのでいまいちですが、夜は明るいのでオススメです。

スクリーンは
ゼログラビティのダブルバブルに、ランソム製のスパイクビスをアルマイトしています。

スライダーは
RSD製のハヤブサ用を流用し装着しています。

グリップは
ドリブン製のグリップをアルマイトをかけ直しバーエンドと共に紫にしています。

ボディー同様に
ハンドルスイッチもペイントしています。ピンストはもちろんカラーホリックのチョビー氏にお任せです。

クラッチは
何でそんな値段するの?と思う人が多いはずのブレンボのメカニカルレバーを装着。これもこだわりです。

ステップは
定番のVORTEX製の新型ステップを装着。個人的にもオススメのステップです。

マフラーは
ジョイント部からアクラポビッチ製に変更。コレにあわせてBAZZAZに変更。またセッティングのわずらわしさを解消するためZAFMも装着しています。

ホイールは
RCcomponents製のSUMMITホイールを装着。ノーマルより重量は増しますが、デザイン的には文句無いでしょう!ちなみにリアのブレンボもビレットです。

サスは
もちろんオーリンズ。近いうちにコレもアルマイトして欲しいものです。

フェンダーは
ノーマルをペイントし、フォークのアウターはカラーホリックにてペイントしています。

スプロケットは
VORTEX製のスプロケットを装着。デザインで選ぶならコレがお勧めです。

電気系は
ヨシムラのマルチテンプメーターを装着。

トップクランプは
ノーマルをペイントしました。社外品をつけるという選択肢もありましたが、今回はノーマルです。

右側には
安全運転を心がけているためユピテル製のレーダー探知機を装着しています。これで必要以上にスピードを出すこともなくなります。

ガスキャップは
TWM製のガスキャップを装着。クイックリリースのキャップの中ではかなりしっかりしており、カチンッとはまる感じがなんともいい感じです。

タンデム
ステップは紫にアルマイトしています。ビレットと鋳物との違いは出てしまいます。仕上がりは素材にも左右されるので注意しましょう!

よくある問い合わせの
フレームカバーはクレバーウルフ製。これに塗れば直接フレームに手をかける必要がありません。

LEDを点けると
こんな感じになりますが、まだコレでも3分の2ぐらいの灯火量です。

ライトは
こんな感じに光ります。やりすぎ?

リア周りは
こんな感じに点灯します。綺麗でしょ!

◎オーナー:栗原 様 ◎担当:安冨 真弥(浦安店) ◎掲載日:2012.07.05
カスタムバイクギャラリーTOPへ
US STREET CUSTOM NO-31

US STREET CUSTOM NO-31

ハヤブサから乗り換えて約一年の間でココまで出来上がりました。 今回は足回りを交換することは無く、正統派とでも言いましょうか前後にオーリンズのサスペンションを組み込み300の足回りより乗りやすくしています。 基本的に派手好きなのでホイールはRCで外装はオールペンしています。
オーナー:栗原 様

ディスクは

ディスクは

ブレンボ製のグルーブディスクダブルアルマイト仕様を装着しています。ちなみにサイズは320Φです。
フロントの

フロントの

足回りは気づきにくいかもしれませんがオーリンズのフロントフォークを分解しアルマイトをしています。ブレーキはブレンボのビレットをペイントしています。
マスターは

マスターは

もちろんブレンボ製のRCSを装着。コントロール性は抜群です!

ライト内部には

ライト内部には

LEDタイプのイカリングを装着。昼間は基盤が見えるのでいまいちですが、夜は明るいのでオススメです。
スクリーンは

スクリーンは

ゼログラビティのダブルバブルに、ランソム製のスパイクビスをアルマイトしています。
スライダーは

スライダーは

RSD製のハヤブサ用を流用し装着しています。

グリップは

グリップは

ドリブン製のグリップをアルマイトをかけ直しバーエンドと共に紫にしています。
ボディー同様に

ボディー同様に

ハンドルスイッチもペイントしています。ピンストはもちろんカラーホリックのチョビー氏にお任せです。
クラッチは

クラッチは

何でそんな値段するの?と思う人が多いはずのブレンボのメカニカルレバーを装着。これもこだわりです。

ステップは

ステップは

定番のVORTEX製の新型ステップを装着。個人的にもオススメのステップです。
マフラーは

マフラーは

ジョイント部からアクラポビッチ製に変更。コレにあわせてBAZZAZに変更。またセッティングのわずらわしさを解消するためZAFMも装着しています。
ホイールは

ホイールは

RCcomponents製のSUMMITホイールを装着。ノーマルより重量は増しますが、デザイン的には文句無いでしょう!ちなみにリアのブレンボもビレットです。

サスは

サスは

もちろんオーリンズ。近いうちにコレもアルマイトして欲しいものです。
フェンダーは

フェンダーは

ノーマルをペイントし、フォークのアウターはカラーホリックにてペイントしています。
スプロケットは

スプロケットは

VORTEX製のスプロケットを装着。デザインで選ぶならコレがお勧めです。

電気系は

電気系は

ヨシムラのマルチテンプメーターを装着。
トップクランプは

トップクランプは

ノーマルをペイントしました。社外品をつけるという選択肢もありましたが、今回はノーマルです。
右側には

右側には

安全運転を心がけているためユピテル製のレーダー探知機を装着しています。これで必要以上にスピードを出すこともなくなります。

ガスキャップは

ガスキャップは

TWM製のガスキャップを装着。クイックリリースのキャップの中ではかなりしっかりしており、カチンッとはまる感じがなんともいい感じです。
タンデム

タンデム

ステップは紫にアルマイトしています。ビレットと鋳物との違いは出てしまいます。仕上がりは素材にも左右されるので注意しましょう!
よくある問い合わせの

よくある問い合わせの

フレームカバーはクレバーウルフ製。これに塗れば直接フレームに手をかける必要がありません。

LEDを点けると

LEDを点けると

こんな感じになりますが、まだコレでも3分の2ぐらいの灯火量です。
ライトは

ライトは

こんな感じに光ります。やりすぎ?
リア周りは

リア周りは

こんな感じに点灯します。綺麗でしょ!