US STREET CUSTOM NO-32
青森から京都、奈良に飛んできた飛鳥-隼ですが、大きく変化しました。数年前に紹介していた隼でオーナーが変わり、また当店でカスタムを行うことになり今回は330サイズの足回りを組み付けることとなりました。運命的な出会いはかなりのトランスフォームを成しえました。

ヘッドライトは
CCFLイカリングの赤を装着しています。ただし普段つけることは出来ないので、イベント時に点灯できるようにスイッチもちゃんとついています。

スクリーンも
ペイントしており、そこにはSUZUKI BUSA No1と書かれています。

ミラーは
マジカルレーシング製のカーボンミラーをペイントしています。少し視界が悪いので前オーナーが、オフセットして視界を広げています。

足回りは
RCのロイヤルⅡホイールを装着しています。デザインは古くなりますが、飽きの来ないデザインでオススメです。

鉄板が
めくれた中から隼の文字が浮かび上がるイメージでペイントをしています。ロゴはラップペイントにしています。

フレームスライダーは
最後の一つだったコントラストカットのRSD製スライダーを装着しています。

ハンドル
スイッチもボディーと同色に仕上げています。ココがノーマルだとやはり物足りませんよね。

レバーは
ランソム製のパイソンレバーを装着しています。メッキを使わず黒で締めているところがGoodです。

グリップは
ロアリングトイズ製のスパイクタイプを使用しています。ちなみにぼくもこれを装着しています。握りやすいですよ!

左の
スイッチも同様にペイントされています。この錆具合が絶妙ですよね!

メーター
のリングはランソム製のビレットゲージに変更しています。かっこいいでしょ !

トップブリッジは
ランソム製のボールカット仕様を装着しています。この車両にはとても似合う一品です。

ヤナシキ?
製のスターターカバーを装着。今では恐らく入手困難な商品となっています。

コントラスト
カットのキックスタンドはロアリングトイズ製。黒系はあまり種類が無いんですよね~…。

一見
フレームにペイントをしているように見えますが、クレバーウルフ製のカバーにペイントをしています。

ステップも
黒にペイントしており足回りの統一感を出しています。

タンデムも
メイン同様に黒にペイント。ココはボディーと同色でもありな部分ですね!

2丁がけの
チェーンの部分はこんな感じ。ここがジャックシャフトと呼ばれる部分です。

ロアリングトイズ製の
スイングアームはココがとてもカッコイイ!シャフト部が隠れているのでとってもスマートです。

エアサスで
ギリギリまで落とし込むとこんな感じになります。もちろん走る時はしっかりとクリアランスは確保できます。

タイヤの
サイズは330サイズでホイールは12Jの17インチです。この先は360等がございますが、ココがベストサイズです。

マフラーは
R6用のUSヨシムラのサイレンサーを加工して装着しています。

タンクも
綺麗に?錆びています。そして錆が剥がれた後にはSUZUKIのロゴが出てきます。

細かいですが
ガスキャップもペイントが施されています。ここはかなり塗るのに手間がかかるそうです。

シートは
ブラックのバックスキンを使用しています。通常のレザーと違い高級感も出ますよね!

インナーパネルは
綺麗にスムージングしてブラックとフレークで雰囲気を変えています。

サスは
オリジナルで販売しているエアライドを装着。08以降の車両に装着するならノーマルのリンクがオススメです。(長さにもよるのでご相談下さい)。

◎オーナー:尾花 様 ◎担当:安冨 真弥(浦安店) ◎掲載日:2012.07.14
カスタムバイクギャラリーTOPへ
US STREET CUSTOM NO-32

US STREET CUSTOM NO-32

青森から京都、奈良に飛んできた飛鳥-隼ですが、大きく変化しました。数年前に紹介していた隼でオーナーが変わり、また当店でカスタムを行うことになり今回は330サイズの足回りを組み付けることとなりました。運命的な出会いはかなりのトランスフォームを成しえました。
オーナー:尾花 様

ヘッドライトは

ヘッドライトは

CCFLイカリングの赤を装着しています。ただし普段つけることは出来ないので、イベント時に点灯できるようにスイッチもちゃんとついています。
スクリーンも

スクリーンも

ペイントしており、そこにはSUZUKI BUSA No1と書かれています。
ミラーは

ミラーは

マジカルレーシング製のカーボンミラーをペイントしています。少し視界が悪いので前オーナーが、オフセットして視界を広げています。

足回りは

足回りは

RCのロイヤルⅡホイールを装着しています。デザインは古くなりますが、飽きの来ないデザインでオススメです。
鉄板が

鉄板が

めくれた中から隼の文字が浮かび上がるイメージでペイントをしています。ロゴはラップペイントにしています。
フレームスライダーは

フレームスライダーは

最後の一つだったコントラストカットのRSD製スライダーを装着しています。

ハンドル

ハンドル

スイッチもボディーと同色に仕上げています。ココがノーマルだとやはり物足りませんよね。
レバーは

レバーは

ランソム製のパイソンレバーを装着しています。メッキを使わず黒で締めているところがGoodです。
グリップは

グリップは

ロアリングトイズ製のスパイクタイプを使用しています。ちなみにぼくもこれを装着しています。握りやすいですよ!

左の

左の

スイッチも同様にペイントされています。この錆具合が絶妙ですよね!
メーター

メーター

のリングはランソム製のビレットゲージに変更しています。かっこいいでしょ !
トップブリッジは

トップブリッジは

ランソム製のボールカット仕様を装着しています。この車両にはとても似合う一品です。

ヤナシキ?

ヤナシキ?

製のスターターカバーを装着。今では恐らく入手困難な商品となっています。
コントラスト

コントラスト

カットのキックスタンドはロアリングトイズ製。黒系はあまり種類が無いんですよね~…。
一見

一見

フレームにペイントをしているように見えますが、クレバーウルフ製のカバーにペイントをしています。

ステップも

ステップも

黒にペイントしており足回りの統一感を出しています。
タンデムも

タンデムも

メイン同様に黒にペイント。ココはボディーと同色でもありな部分ですね!
2丁がけの

2丁がけの

チェーンの部分はこんな感じ。ここがジャックシャフトと呼ばれる部分です。

ロアリングトイズ製の

ロアリングトイズ製の

スイングアームはココがとてもカッコイイ!シャフト部が隠れているのでとってもスマートです。
エアサスで

エアサスで

ギリギリまで落とし込むとこんな感じになります。もちろん走る時はしっかりとクリアランスは確保できます。
タイヤの

タイヤの

サイズは330サイズでホイールは12Jの17インチです。この先は360等がございますが、ココがベストサイズです。

マフラーは

マフラーは

R6用のUSヨシムラのサイレンサーを加工して装着しています。
タンクも

タンクも

綺麗に?錆びています。そして錆が剥がれた後にはSUZUKIのロゴが出てきます。
細かいですが

細かいですが

ガスキャップもペイントが施されています。ここはかなり塗るのに手間がかかるそうです。

シートは

シートは

ブラックのバックスキンを使用しています。通常のレザーと違い高級感も出ますよね!
インナーパネルは

インナーパネルは

綺麗にスムージングしてブラックとフレークで雰囲気を変えています。
サスは

サスは

オリジナルで販売しているエアライドを装着。08以降の車両に装着するならノーマルのリンクがオススメです。(長さにもよるのでご相談下さい)。