鉄馬イジリ、ちょっとずつですがやってますぅ。【XL883L ETC取り付けの巻】

こんにちは!浦安店の園辺です☆
季節は秋!私の大好きな季節がやってきました♪
一年で一番過ごしやすく、バイクも絶好調です。
よりバイクライフを充実させるにはやはりETCは必須!ということで、以前もサイドバックを取り付けて頂いたXL883Lオーナー野口様のETC取り付けに密着したいと思います。
本当は一体式での取り付けを考えておられたのですが、今後の使い易さを考えると別体式の方が良いということで、別体式ETCを取り付けすることになりました!


まずはETCバックの装着からです。
バックの取り付け位置がちょうどウインカーと干渉してしまうので、スライドレールを取り付け、そこにETCバックを装着することにしました。


どうです?スッキリと収まりましたね!

使用したのは
・ETCバック →デグナー
・スライドレール →キジマ
次に9/7のブログ「XL1200VのETC装着編」でも紹介したように、タンクを外して配線を目立たせないように通していきます。

さらに今回はキジマのニーグリップを取り付けます。
これを取り付ける位置はエンジン周りのため、ボルトもかなり堅く、なかなか大変!
ですがタンクを外してしまえば工具も使いやすいので、一緒に取り付けていきます。
アメリカンバイクはニーグリップが出来ないのでバランスが取りにくいのですが、これがあればガッチリ!とニーグリップが出来ますね!
最後にアンテナの取り付けです。
今回はライトの上の平な場所に取り付けることにしました。

そしてインジケーターランプはメーターの下にある隙間に…。
なるべく目立たないような場所につけました☆

使用したのは…
アンテナステー →キジマ
そして野口様のXL883Lを見てみると、女性ならではの工夫が♪

タンクキャップは星柄、ウインカー周りには操作がしやすいようにエクステンションを装着してあります!
ETCもつけたので、更にバイクライフが楽しめそうですね☆

取り付けやご予算など、気になる方はお気軽に浦安店までどうぞ!
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!