鉄馬イジリ、ちょっとづつですがやってますぅ。(FLSTNマフラー交換&トランスファー)

毎度!浦安店の安冨です。今日は雨!明日も雨!こんな天気の悪い日はパソコンを打つ手が進みます。これだけ打っているといいかげんブラインドタッチが出来そうなもんですが中々出来ません。たぶん覚えれないというよりも手の反応と脳の反応がかなりずれて反応しているのでいつまで経っても打てないと思います。
高校時代に頭をぶつけ過ぎたのが原因でしょう…・
さて今回カスタムをさせていただくバイクはといいますと、FLSTNソフテイルデラックスのマフラー交換とトランスファーのチューニングです。装着するマフラーはモーターステージの左右振り分けタイプのマフラーを装着していただきます。インナーのサイズは10mmと標準から比較するとかなり大きめですが、恐らく左右に分かれている分音量は少し静かかもしれません。
そもそもなぜ左右振り分けかといいますと、現在装着しているラフテールのバッグを左右に装着したいというご要望からこのマフラーを選ぶこととなりました。
デラックスにナセルがついている…。
左右にこのバッグが付くとはなんともデラックスですね!
こちらが2本出しのパーツ全てです。
装着はといいますと僕自身かなり甘く見ていましたが、2本だしかなり大変だそうです…。取り外しに関しては万国共通と言いますか全車種共通なわけで、比較的スムーズに行えるんですが装着するマフラーがかなり大変だそうです。
このままでもいい?
リアバンクのこの隙間から反対側に伸びます。
何がそんなに大変かと言いますと、もともと左に無いマフラーを勝手に作って取り付けるわけですから上下のバランス取りや後ろから見てのマフラーの開き具合を微調整せねばなりません。付いたもののこの辺の調整が出来ないようじゃ素人作業と言われるのでしっかりバランス取りをしました。これが一番時間のかかる作業だそうです。
見えますか?左にチョロッとエキパイが出ています。
プライマリーカバーを綺麗に避けています。スゲ~!
バッグにも干渉することなく装着できました。
そしてマフラーが付き先に出していたトランスファーチューニング済みのコンピューターを装着して無事に完了です。せっかくですのでチューニング後の音でも聞いてもらいましょう。こんな感じで浦安でもハーレーのカスタムを進めています。このほかのカスタムもご相談にのりますので是非問い合わせ下さい。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!