ナンカン、開発チームの面々がやってきました。

ピットスタッフ林です。

先日、ナンカンの開発チームの面々が名古屋店にやってきました。

説明)
ナンカンタイヤ株式会社
ナンカンタイヤは長い歴史を誇り、品質、評判、研究開発と生産能力においてタイヤ生産業をリードする台湾の主要工場で、国内外の顧客や産業組織から賞賛されています。
発展と革新を続けながら、技術と品質面で最先端を走り続け、快適なコミュニケーションやスピーディーで安全な輸送環境をもたらすことを願っています。
以上~

今回は、貴重なお話をお聞きすることができました。開発においては某国内メーカーのツーリングタイヤも意識しているそうで。ウェットグリップは劣るもののドライグリップは近い性能を発揮します。また、ライフも大体一万キロは持ちます。とのこと、やはり何といってもコスト面に関しては非常にメリットのある商品。メーカーさんもおっしゃってましたが、非常に安価。国産メーカーのリア一本分の値段で前後セットが買える感じです。

あまり銘柄やウェットグリップにはこだわらない方
とにかく安く買いたい方
こんな方にはおすすめのタイヤとなっております。

興味のある方は是非スタッフまで。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!