広くなって、見晴らしも良くなりました!?

こんにちは、ちっちゃいおっちゃんの 真利です。

イヤ~ぁ!! 今年は寒過ぎますね。こんなに寒いのは久しぶり??です。

子供の時は、こんな感じだった様な・・・、無かった様な・・・、
実際は、どうだったかは覚えていません。 ( 年のせいでは有りませんよ )
今年は、極寒ツーリングは行っていません。 ( 殆どの日が極寒に近いので )

それに空冷エンジンも冷え過ぎると調子が悪くなるんですよ。
オーバークールで吹け上がり今ひとつになる事が有るし、それ以外にも・・・・。



そんな、閑散暇話は、コレ位にして、
そんな事を云っていても数ヶ月で春がやってきます。
冬が寒かった分、ガンガンに走ります。皆様も走りましょう!?



バイクに乗るのに必ず必要な装備、 『 ヘルメット 』 です。
大切な頭を守るヘルメット。そのヘルメットコーナーをリニューアルしました。


広く?なって見易くなりました。
店内に入って目の前の階段を上がって下さい。
そして階段を上がったら、振り返って見て下さい。


広くなったヘルメットコーナーが、皆様をお待ちしています。









魅惑のストリート系ジェットヘルメット
AGV ロッシレプリカ
グラフィックモデルが、まさかの\9800!!!!
定番の Arai 、SHOEI 、OGK の国内メーカーから海外モデルまで取り扱い。

詳しくは、店頭スタッフまで、気軽に聞いて下さい。
ヘルメットの買い替え等で お悩み中の貴方に朗報です。


2月2日(土)~24日(日)まで “ヘルメット祭り” を開催します。

国内外のヘルメットが、スペシャル価格でお待ちしています。


詳しくは→ http://www.racingworld.co.jp/event/files/201302_helmet.pdf
知ってる?様で知らない? ヘルメットの豆知識。




ヘルメットにも使用期限が有るのはしってますか?




使用年数について
メーカーの推奨では、ヘルメットの使用期限は、使用開始から3年といわれています。
ヘルメットの中、衝撃吸収に使われている“ライナー”は、汗や知らず知らずにぶつけた衝撃などを吸収して次第にもろくなっていきます。使っていくうちにだんだんと衝撃吸収性能が落ちてくるのです。ですので、ヘルメットの使用年数は3年を目安としましょう。






大きな衝撃を受けたヘルメットは使用しないようにしましょう!
ヘルメットのライナーは、発泡スチロールから出来ており、強い衝撃が加わるとへこむことにより、衝撃エネルギーを吸収します。一度、ご家庭にある発泡スチロールを指などで強く押してみてください。へこんだ所は2度と戻らないはずです。(くれぐれも自分のヘルメットやお店の商品では試さないで!)このことからも分かるように、万一ヘルメットに一度でも強い衝撃を受けてしまったら、二度と衝撃を吸収することが出来なくなり、大変危険なのです。また、強い衝撃を受けても外観上全く無傷に見えることがありますが、ほとんどの場合内側のライナーに損傷が生じています。このことから、万一、事故や転倒などで衝撃を受けてしまったら、そのヘルメットを使い続けずにすぐに交換するようにしましょう。当然、ヘルメットを投げつけたり、ヘルメットの上に座ったりなんて、絶対にダメ!ヘルメットは優しく扱いましょう。また、保管場所もバイクのタンク・シートの上や、高所など、落下するおそれのある場所には置かないようにしましょう。




気になったら レーシングワールドへ、急ぐべし。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!