キャンプツーリングに最適 ! 「LIFE+SAFE」

寒い日が続きますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。愛知県では今、インフルエンザの警報が出ており、3Fスタッフは予防の為、みんなマスクマンになっております。お見苦しいとは思いますが、どうかご勘弁を。


さて、寒くなると、人間だけじゃなく、バイクも調子が悪くなります。冬場のトラブルで多いのは、やはりバッテリー関連です。夏場は一発でエンジンがかかるのに、冬場はなかなかかからない・・・・・・。セルモーターを回しすぎて、バッテリーが上がってしまった経験のある方も多いと思います。



そんな時にどうするか?




1、押し掛けをする。

2、車や他のバイクからブースターケーブルで助けてもらう。

3、JAFの人にお世話になる。

4、途方に暮れる。



1の押し掛け。バイク乗りならやった事がある人も多いと思いますが、最近のビッグバイクはかなり重量があり、けっこうしんどい。また、スクーターなど押し掛けができない車両もある。


2は助けてくれる車両とブースターケーブルがあれば一番楽。


3もJAF会員に入っていれば楽だが、来てもらえるまで時間が掛かる事もあり、何よりちょっとハズカシイ・・・。


4は、通りすがりのイケメンが助けてくれる可能性が無いわけではないが、日頃の行いがあまり良くない私は可能性が低いだろう。


・・・・・・などの様々な方法があるが、もう一つの方法として画期的な商品をご紹介します。


N-PROJECTから新発売された「LS-001 ライフセーフ」。


ジャンプスターター機能の付いた多機能電源装置です。


リチウムフェライトポリマーバッテリーを使用しており、大容量5Ah。フル充電時には、バッテリー上がりのバイクを約10回始動させる事ができます。しかも、バイクだけではなく、3,000ccクラスのガソリン車も始動可能です。


家庭用コンセントや車のシガーソケットから充電でき、ACアダプターを使用すればフル充電までわずか3時間。繰り返し充電できる回数は2,000回以上。


一般的なリチウムイオンバッテリーを使用したジャンプスターターだと、フル充電まで約8時間、充電回数は約500回。


これに比べると、「ライフセーフ」がいかに高性能なのかが判ります。しかも、フル充電で半年間放置しておいても、自己放電率はわずか3%!。
付属のジャンプスターター用のクリップを付けるとこんな感じ。



しかも、この「ライフセーフ」はもう1つの使い方があります。
USB出力端子が2個、シガーソケット入出力端子が1個付いており、スマートフォンやタブレットなどの充電が出来るのです。


また、シガーソケットに市販のAC/DCコンバーターを付ければ、100Vの電化製品も使えます。
スマートフォンの充電もこの通り。
シガーソケットの方は入出力に対応しており、付属の両側オスのシガープラグを使えば、車のシガーソケットから充電出来ます。
持ち運びもラクラク!
スマホの電池がすぐ無くなる新家君に最適!
おしゃれな女子にも!
重量は約1,600g、大きさはタテ160ミリ、ヨコ330ミリ、奥行62ミリで、他のジャンプスターターと比べるとかなりコンパクト。
価格は¥27.090


緊急時や災害時、キャンプツーリングやアウトドアなど幅広く使えます。


一家に一台、ぜひ!
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!