鉄馬イジリ、ちょっとづつですがやってますぅ。【FXCWハンドル交換編】

毎度!浦安店の安冨です。2月に入り雪の降る回数も増えましたが何とか雪を回避してバイクに乗ることが出来ている今日この頃です。

前回ステップの位置を変更して何とか足を伸ばす手術をせずに済んだぼくですが次の課題は腕を伸ばさなければいけなくなりました…。やはりこれもシートの位置が悪いせいで?ぼくが小さいのが原因でハンドルを切ると今付いているハンドルではパッツンパッツンです。
その結果腕を伸ばすより安く済むハンドルを変える事となりました。
絞りやクロームや溶接部分の処理、どれも綺麗です。
装着するハンドルは以前当店の松川が紹介させていただいていたアレンネスのラムバーローハンドル。形が恐らく羊の角に似ているからでしょうか、その様な名称のハンドルです。ローが有ると言う事はハイバーもあります。
これを装着するには恐らくノーマルのワイヤーで行けるだろうと言う安易な直感がよぎりましたが、実際はどうなんでしょうか交換を進めていきます。
交換をするといっても実際にはして頂いたといったほうが良いでしょうか?ハーレーのハンドル交換をなめていたぼくは当然のことながら痛い思いをしました。インナーハーネスタイプと言うことは当然のことながら解っていたのですがその通す量は多く形状の問題から通すのがとても大変なようでした…。
中古で買ったときに既に付いていたハンドルです。
カプラーも分解しなければなりません。
ハーネスはココに織り込んでありました。
ココまでは比較的順調と思いきや終盤に差し掛かったところでナント!ライザーボルトのサイズが合わへんやん!完成間近で完成しない悲惨な状況に追い込まれとりあえずボルトを注文。しかしインチサイズのボルトをまだよく理解していないぼくにとって、とても困難な事でしたが調べ抜いて正しいと思われる物を注文しました。
ハンドルを抜いて新しい物の準備をします。
苦戦しているように見えますがテクニシャン小高は余裕のようです。
無残にも放置状態。適当なボルトが差し込まれています。
ボルトが入荷するのに待つこと2日、ようやく入荷し組みつけが完了。ネジサイズは?もちろんバッチリ!ワイヤーやホース類も現状のままで取り付けはOKでした。贅沢をいうともう少し高めの方が良かったのですが、色々変えないといけないといけなくなるリスクを考えるとローバーで正解でした。
うぅ~ん中々良い感じ!
タンクとのクリアランスもちゃんと確保されています。
どうですか?アレンネスのラムバー。ロッカーにはピッタリでしょ!最近ではある程度の工賃の目安も付いてきているので是非一度お問い合わせ下さい。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!