まったり、ゆったり、ハーレーカスタム 【 お手軽カスタム編 ③ 】

2014モデルが販売開始。883は、3種類ですが、N/Rが良いですね
こんにちは、本店のちっちゃいおっちゃんの真利 (まり) です。

季節的にも乗りやすくなってきました。来週は、ぼちぼちロングなツーリングに行きます。


行って帰って450km位の距離を走って来ますね。

それは後日に報告させて頂きます。
さて、今回のお手軽カスタムですが、

カスタムとは、若干違うような気もしますが・・・・


一年を通してスポスタに乗るおっちゃんには、あまり縁のないアイテムの装着なんぞをしましたのでご紹介。
去年も結構?かなり?寒かったりで愛機を冬眠させたり、乗る機会も激減する方も多いと思います。そんな時に注意しなければならないのは、そうです。

【 バッテリー 】

あがると大変なパーツですね。

押し掛けするには、やや?車重が重た過ぎるので・・・・・。



そんな心配を解消する為のカスタムです。
VRSCDX / ナイトロッド
全体写真が無いのはご愛嬌。

ハーレーファミリーの中でも特殊なカテゴリーのV-RODファミリー。

エンジンは、90年代に活躍したハーレー・ワークスマシンVR-1000がベースの水冷60度Vツイン。通常フューエルタンクとなっている部分にはアルミ製カバーに覆われたエアクリーナーボックス

通常は、シート下か、サイドにバッテリーが居てるはずですが・・・・。この車両は、有らぬ所に居てたり何かして。
そして今回取り付けたのはコレです。
車輌ケーブル (OPTIMATE4, ACCUMATE6/12 mini ミニパルス充電くん)

バイクやクルマをお持ちの方の一番大きな心配事項として挙げられるのがバッテリートラブルです。テックメート社のオプティメートバッテリーメンテナーは一般的には難しいこのバッテリーのトラブルを手間無く解決します。まさにバッテリーのドクターです。

そうです。このケーブルの先に装着するのが・・・、

【 OPTIMATE4 】

2段階の強力サルフェーション溶解機能搭載オートバイ用バッテリーメンテナーのベストセラー

商品特徴

・回復充電
TURBO回復充電が追加され2段階の強力サルフェーション溶解機能。 バッテリーにサルフェーションが見られる場合、電流を0.2A(最大)に制限し、電圧を16Vにて最長2時間サルフェーションを溶解します。 バッテリーに極度のサルフェーションが見られた場合はターボ機能が作動します。この場合、電圧を最大22V、電流を極少量(安全値)に制限します。
・診断機能
5段階の診断機能でより細かくバッテリーをチェック。
・ヒューズレス回路装備
本体へ独自のスイッチング回路を採用し、クリップ逆接・不正電流が流れた場合も面倒なブレーカー復帰作業を一切不要としました。
・防水・防塵
IP64規格取得。万が一の時も安心。*完全防水ではありません。



これでバッテリー上がりの心配から解消されます。

こんな作業もやっていますのでお気軽にスタッフまで相談下さい。
次回は、スポスタの左右非対称なアレを軽減するパーツでも・・・・。


あっ、myスポスタのオイル交換をしておかなければ・・・
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!