ZX14R アクティブデジタルメーター取り付け♪②

毎度ヾ(´▽`)本店川口です。


先日に引き続きお預かり中のZX14Rの作業を進めて行きます。
とりあえず、苦戦しながらも配線図とテスターを駆使しながら
スピードメーターのインジケーター配線を終わらせ、次は「スピードメーターセンサー
を取付けていきます。

今回取り付けした位置は、フロントフォーク左側のピンチボルトに取り付け。
用意していたセンサーステーが大きすぎて、そのままではセンサーとブレーキローター
がガッツリ激突するので、「困った時のサンダーとドリル」を使用しステーを加工します。
と、いう事で無事センサーを取り付け終了。
チョット、ブレーキローターとのクリアランスが広くて、センサーが反応するか
内心ビクビクしてましたが一旦メーターを仮結線し、スピード信号をちゃんと拾っているか確認出来たのでこのまま配線を車体側に取り回していきます。
で、



今回最も苦労した「タコメーター」用の配線の結線・・・・


通常、プラグコードに巻きつけたりイグニッションコイルの配線に割り込ませたりして回転信号を拾いますが、このオートバイにはどちらもそんなパーツはついていません・・・


だって「ダイレクトイグニッション」だもん((( ;゜Д゜))


説明書を読むと「クランクシャフトセンサー・カムポジションセンサー・ピックアップコイルなどの信号線にパルスコードを結線してください」と、書かれています。
幸いエンジン右側には「ピックアップコイル」が有り配線が2本出ているのでそこから信号を取ることに・・・

先ず「黄色」の配線に噛まします。すると・・・


アイドリング「4000回転」((( ;゜Д゜))
チョットアクセルを開けようものならMOTOGPバイク並みのレスポンスで
回転が上昇(ノД`)・゜・コッチじゃなかった


ならば反対の「黒色」の配線・・・と思い再度結線しなおすと・・・


エンジンが、かからん(ノД`)・゜・
色んな部分が電子制御されているので、配線間違えると「エラー」が表示され
エンジン自体がウントモスントモ言ってくれなくなります(´ω`)
最終的に信号線を拾った配線はコチラ→


4番シリンダーのダイレクトイグニッションにつながっている配線の「白/黄」の配線に結線。


少し奥まってて結線しにくい部分でしたが、他の部分を外さずに無事結線成功!!


回転数も正確に表示されたので後は、ケーブルを取り回していきメーターをつけるのみ
メーター本体はトップブリッジに取り付け。
以前アップハンにカスタムして頂いているので、トップブリッジは「ハリケーン」製に変更されています。裏側にM8のボルトが入るナットが切っているのでその部分を使用し一部ステーを加工しメーターステーを設置。

右側のタコメーター用のステーも同様に取り付けします。
後はメーターを設置し、最終テスト。


全ての機能が正常に作動確認出来たら、カウルを復元し完成になりますヾ(´▽`)



さぁ~て、後もうチョット・・・(´ω`)
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!