潜入ガンダムカフェ

店の入り口はこんな感じで、昼にはガンプラ焼きもあるそうだ。
まいどぼくです。先日アド街秋葉特集をやっていたのを見ましたか?秋葉と言えばAKB?オタクの聖地?色んな事が考えられますがやっぱりガンダム?ガンダムカフェでしょう!
会社帰りとは言いがたいまったく逆方向の秋葉ですが、当店の小高とぼくと嫁の三人でガンダムカフェに行ってまいりました。ツーリングレポートで挙げていますが、バイクで行ったわけでなく雨が降るので車で向かいました。もちろん秋葉には最近2輪専用の駐輪場も少しだけ出来たのでバイクでも行くことが可能です。
まず店内に入って一番最初に目に入ってくるのが、人と同じぐらいの背丈はあろうかと思われるガンダム。店内は光沢のある白い外壁、そしてその隙間から漏れる青い光。まさにガンダムをイメージした造りのガンダムカフェ。店内の各部にはモニターが配置されそこから見える映像はまるでコックピットから見る景色の様(本当は映像が流れています)。今回は夜に訪れたので連邦軍の制服を着たクルーを見かける事は出来なかったが、昼間に行くとどうやら出没するらしい…。
とりあえずオーダーの時間に何とか間に合い、一息つきたいところだったので先ずはこのガンダムカフェ作成のきっかけとなったジャブローコーヒーを頂くことに。ジャブローとは、宇宙世紀0079に「地球連邦軍」の総司令部があるとされる南米のとある地域がジャブローである。
巨大な地下鍾乳洞を利用した軍事施設は、広大な熱帯雨林のジャングルの中にあり、出入り口も植物などでカモフラージュしているため位置を特定しにくい。
また、その詳細は軍事機密のため不明である。2010年、そんな南米の大地で採れたコーヒー豆で作り上げたのが、ジャブローコーヒーである。 決して欧米ではこのガンダムカフェが出来上がらなかったのは言うまでもありません。
ジャブローコーヒーを味わう小高。
こちらはハロラテ。嫁が飲んだがコレが美味いそうだ。
なかなかカッコいいメニューだ。
さてそろそろ本題の食事に取り掛かろう。メニューはかなり多いみたいだが時間が閉店間近だったため、かなりのメニューが売り切れとなっていた。そんな中でも目を引くメニュー(まるでガンダムに乗るアムロが手にした操作のマニュアルと同じだ!)と中にいるクルーの対応に、ぼく達は驚きを隠せなかった…。
なかなかどれにするか決め切れなかったぼくをよそ目に先に注文したのは小高だった。オーダーしたのは連邦の白いヤツ。そう紛れも無いあいつガン●ムだ!ベタな路線で選んだが、そこにクルーの一言が効いた!オプションでマグネットコーティングが付けれますがいかがですか?コレにはさすがのぼくも驚きを隠せなかった!しかも小高はちゅうちょすることなくお願いしますとうなずいた。多分彼は足が悪いのでこのマグネットコーティングを施したものを食せば関節や足の動きが良くなるのだろうと瞬時に判断したに違いない。
これがマグネットコーティング(チーズが載った)された白いヤツ。
ぼくが食べたのはガルマの栄光だ!どちらかと言えばガトーが好きだ。
こちらは嫁と食べた刹那とグラハムだ。多分、二子玉がアレだろう。
なんんだかんだ閉店間際までいた三人だが隣のお土産屋さんでお土産を買い。腹八分で過ごしたぼくは帰りにマクドに寄り足りない分を補った。このカフェでいえる事はあくまでもカフェだと言うこと!気分はお腹一杯でも腹までは満たされなかったと言うことだ。今度は昼に行こう。いやそれとも朝のホワイトベースの配給食を食べに行こうか…。それとトイレにあるスイッチは是非とも押していただきたい。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!