電熱ネックウォーマー入荷!

ここ数週間で一気に気温が下がり、バイク乗りにはつらい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?


ひと昔前までは、バイクは春・夏・秋に乗るもの。冬は寒いから乗らないという人も多かったのですが、装備さえしっかりしていれば冬でも快適に過ごせます。


逆にここ最近では夏は暑いから乗らないという方が増えていると感じます。防寒対策をしっかりしておけば冬でも過ごせますが、夏の暑さはどうしようもないからでしょう。


近年の科学技術の進歩は凄まじく、風を通さないジャケットや、薄くても暖かい繊維や発熱する繊維を使ったインナーなども次々と商品化されていますが、現時点で一番暖かいのはやはり電熱線を使った商品でしょう。


グリップヒーターや電熱グローブ、電熱ジャケットなどいろいろなメーカーから出ていますが、今回、新商品「電熱ネックウォーマー」が入荷しました。
首の後ろと背中に電熱ユニットを内蔵した電熱ネックウォーマー。


専用の充電地を使い、温度は3段階で調節可能。
発熱時間は約90分から約210分。専用充電器でコンセントから充電できます。
付属のバッテリーはネックウォーマーの内側の専用ポケットに収納します。
バッテリーコードは約65cmと長いので、ジャケットやズボンのポケットに収納することも可能です。

充電池はリチウムポリマーバッテリーを使用。小型、軽量、大容量で、エネルギー密度はリチウムイオンバッテリーの約1.5倍あります。


充電回数は約500回再充電可能。また、リチウムポリマーバッテリーは、リチウムイオンバッテリーの欠点である、継ぎ足し充電をすると容量が減ってしまうというメモリー効果が無いという特徴もあります。
そして、この電熱ネックウォーマーのもう1つの特徴として、首の後ろの部分に電熱ユニットが付いているということがあります。


寒いとき、体のどの部分を温めればいいのか?


寒いときは、首の後ろ、延髄を温めると体全体が温まるという効果があるそうです。
(ちなみに暑いときに首の後ろを冷やすのは良くないそうです。)


こちらの電熱ネックウォーマー。

価格は¥12.000+税

南名古屋店で絶賛販売中です!
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!