鉄馬イジリ、ちょっとづつですがやってますぅ。FLD カスタム No1

毎度!浦安店の安冨です!
久しぶりにハーレーのカスタムをお伝えしていきますよ~!
今回紹介させていただく車両はFLDスイッチバックです。
何処がスイッチバックやねん!!とツッコミが入りそうですがスイッチバックです。
で、このスイッチバックにどんなカスタムをするかと言いますと、今回はマフラー交換とエアクリーナ交換その他諸々のカスタムを行います。
見た目ストリートグライドなこのFLDをよりツーリングモデルに近づけるために用意したマフラーはV&H製の物を用意しています。
それでは早速交換に入りましょう。
先ずはサイレンサーから取り外し、
次にO2センサーの取り外しを行います。
センサーの取り外しが終わればエキパイの取り外しです。
次にノーマルのストラット部分にメーカーの付属で付いているステーを組み付けて行きます。
画像だけを見れば何をする部品か分からないでしょうが、このマフラーには重要な部品なんです。
一見必要のなさそうな部品ですが、
コレがとても重要なんです!
コレが無いと左右振り分けに出来ないんです。
次にエキゾーストパイプの組付けです!今回は二本出しになるので取り回しに苦労しますが、装着が進むにつれ迫力が増してきます!
パイプはクロスではなく独立形状となり歯切れのいい音を出してくれるでしょう!
こんな感じでマフラーの装着が完了です!
全貌はまだアップできませんが、
かなりの迫力のあるダイナスイッチバックになるでしょう!!
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!