まったり、ゆったりツーリングへ行く前に 【 続々!! 入荷中 & 入院中 】

こんにちは、本店のちっちゃいおっちゃんの真利 (まり)です。

なんか一気に気温も上昇して春めいて来ている今日この頃ですが・・・。

ワタクシのスポーツスターは、只今入院中で有りまして・・・・。

ツーリングもキャンセルになりまして・・・・。

と、ワタクシの暗い話は置いといて、
ツーリングシーズン前に調子が悪くなってメンテナンスがしっかり出来たと良い方に考えましょう。
本格的なシーズンが来る前に準備をして行きましょうね。

夏だからこそ!!ライディングジャケットを着用しましょう!!

安全なプロテクターや無用な日焼け防止の為にも着用しましょうね。
本格的に暑くなる頃には、メーカー様でも完売アイテムが続出します。
入荷してきている今が、一番の買い時ですよ。
人気のアルパインスターのジャケットも次々とお客様の元に旅立っています。

視認性に優れるフラッシュカラー (イエロー?蛍光グリーン?)も入荷して来ています。
大人気のクレイスミスもモデルによってはメーカー様で既に完売になってしまっています。
最近、流行して来ているカラー:オレンジも入荷しました。
暑い季節を快適に過ごす為の高機能インナーも順次入荷中です。

こちらも一度着たら止められなく位、感動します。是非、お試しください。
スポーツスター自体は、比較的故障が少ない。
(実際に10万キロ乗ってますが、走れなくなったりした事はないです。)
基本メンテナンスは、オイル&オイルフィルター交換、ミッション(プライマリー)オイルの交換(3,000~4,000km でオイル交換、2回目にオイルフィルター&ミッションオイル交換)だけ。
後は、エアーフィルターやプラグを交換したりと国産車のメンテナンスとほぼ同じな感じです。
そんなスポーツスターの数少ない?弱点が今回の入院理由ですね。

前回のブログにアップしている弱点はかわいいですけど ね。こちらを→ http://www.racingworld.co.jp/archives/27016

クラッチの構成パーツに難点が有る様ですね。

『 CLUTCH SPRING PLATE 』という怪しげなパーツの
板バネを固定しているリベットが外れて・・・。
クラッチシェル内で悪さをして・・・。

クラッチ操作に支障が出るし・・・。

クラッチシェル内を傷だらけにして・・・。
新品のクラッチシェルって・・・、

ウン十万円近くしたりして・・・。

それなのに、リコールにはならないんですね??

1994年以降のスポーツスターシリーズには、良く有る症状らしいのに・・・。
良く一緒にツーリングへ行く Tさんのスポーツスター(2011年式 1200㏄)は、40,000km直前でなったとの事です。

100,000kM近く走っているので良しとしましょう。

距離の割には、プライマリー(クラッチ)ケース内は綺麗だったらしいです。
直ったら、即ツーリングや!!
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!