まったり、ゆったりハーレーカスタム 【 ちっちゃいですね ② 】

こんにちは、本店のちっちゃいおっちゃんの真利 (まり)です。

いよいよ嫌な季節の突入しましたね。梅雨ですよ。梅雨。

今年は、どんな降り方するんでしょうか?

そんな閑散暇話は、さて置き。
前回のブログはコチラ → http://www.racingworld.co.jp/archives/27704
さて、今回は取付編です。
コチラがノーマル。
コレは、コレで嫌いではないんですけど・・・。

そろそろ飽きましたので・・・。
取りあえず、カバーを外して・・・。
ノーマルのエアークリーナーからDNA製の高吸入エアフィルターに換装してたりなんかして・・・。
年式?的に結構、ヘッド側のブリーザーからオイルを噴く様です・・・ね。
オイルでビチャビチャだったりなんかして・・・。
バックプレートは、なんとプラスチックなんですね。
バックプレートを固定しているボルトがブリーザー機能を兼ねてます。
これを外すと純正CVキャブとご対面です。
色々な意味で見直されているCVキャブ。スロットル操作が楽で、しかもエンジンが欲しがる適切な混合気をエンジンに供給することができるキャブレター。
少しくらい変なスロットル操作をしても、キャブレターがエンジンに調度いい混合気を送り込んでくれる賢いキャブレターなのです。
今回は、エアークリーナーの交換。

先ずは、

ブリーザーkit (エアークリーナーBOX用アダプター) の取付けが必要です。
車体個体差が大きい様で・・・。

付属のワッシャーでは足りなかったりなんかして・・・。

オイルのドレンワッシャーを利用したりなんかして・・・。
今回のブリーザーKitは、エアクリーナーBOXへの還元型ではないので・・・。

後で、ホースなんかを取り付けます。
このブリーザーkitを取り付けると色んなメーカーのエアクリーナーBoxが装着出来ます。
大気開放型とは云え、オイルを撒き散らすのは・・・。
取り合えずホースを繋いで・・・。

良いあんばいな長さでカット (切って) ・・・。
ブリーザーフィルターを取り付けて完成です。
ガッツリ、写り込んでるのはご愛嬌で・・・。

ブリーザーフィルターのホースが、やや長い様な気も・・・。
別の角度から・・・。
この小ささが堪りません。
上からも・・・。
難点?と云えば・・・。

これからの梅雨時期は・・・。

雨用のカバーを・・・。

早く作らないとアカン。(ZIP●ックを加工中)
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!