〜07 BUSA US STREET CUSTOM 日記 下田様編 其の五 (GSX1300R ハヤブサ カスタム)

毎度!浦安店の安冨です。今日はいつもお世話になっている松っちゃんのお話を…。皆さんの周りには何人のまっちゃんがいますか?私の周りには松川を筆頭に、松田・松○・松本・松…と数多くのまっちゃんと呼ばれている人が存在します。正直ややこしいですよね!でも一番呼びやすく愛嬌のあるまっちゃんは(全てがそうとは限りませんが)他に呼び名が見つかりません。
難しい顔していますが簡単です。
どうでもいいような話から始まりましたが下田様のカスタムを進めていきましょう。今回は前回からの続きで、先ずはバイクを立つようにしなければなりませんので、ランソム製のクロームショートキックスタンドを組みこみます。スタンド交換は簡単でネジとバネの入れ替えを行えば簡単に交換が可能です。
ただし車高とスタンドを立てたときの傾き具合とのバランスが大切でショートにするかロングにするかは販売するスタッフの腕と、知識の見せ所にもなります。今回はエアサスを装着すると言うことで言うまでも無くショートを用意しました。
完璧によけています。当たりません。
そして今回一番の問題点はやはりマフラーで、私の持てる限りの記憶と知識から改善策が発見されました!決して自分を褒める訳ではありませんがかなりしてやった感があります。使ったのはデイトナ製のステップバーで、この手のカスタムで装着はほとんどと言って皆無でしょうが、便利なものを覚えていたもんです。ありがと〜DAYTONAって感じです。DAYTONAってロゴもアメリカで良いですしね!
でもこの先にも問題がありマフラーを加工してO2センサーを組み込まなければいけません。ここで松○先生の登場です。出来上がったら流石!とか褒めてくださいね!いつも仕上げはお世話になってますから!
ここまでくれば完成間近!チェーンを2本掛けて、シートカウルを装着。後はペイントとシートが帰って来ればマフラーとナンバーステーの加工をまっちゃんに出して試乗をして完成です。エアサスのスイッチは何処?今回はシートカウルの左の穴に入れておきました。
調整がちょっと面倒ですが慣れればそうでもありません。
いい位置につけたでしょ!手元にスイッチが集中しすぎるので後ろにしました。
今と昔…ロンスイ、ワイドタイヤの原点かも知れません。
次回はようやく完成!お披露目できます。お楽しみに・・・。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!