今度は883Lです!

みなさ〜んこんち!( ^^)/浦安店の松川でございます!最近はイベントのブログがメインになってしまっていましたが、久々にカスタムのブログでございます。今回のカスタムはハーレー883Lマフラー交換の巻!なんとこのお客様H様は先日ハーレーローライダーにも同じマフラーを取り付けた方で今回の883Lは奥様のマシンなのです!!!マフラーはハーレーパーツではおなじみのSUNDANS製SS BOMBERマフラーだぁ!
さて、まずはノーマルマフラーの取り外しの作業からスタート!!!まだまだ新しいマシンなのですがノーマルのエキパイ部についているカバーを外すとやはり汚れが付着し始めてきていますねぇ〜( vv )このまま放置しておくと・・・・ひどいことになるのは想像ができますねぇ〜ハーレー乗りのみなさ〜ん気を付けてくださいね〜( ^^ )
さて着々とバラバラになっていきます・・・シリンダーの排気口いわゆるマフラーが着くところね(><)これが排ガスのセンサー!!!さすが新しいバイクは環境に配慮した物がついていますねぇ〜( ^^)/そしてこれがガスケット!!!マフラーを付け替える時には必ず新品に付け替えましょう( nn )でないとここから排気ガスが漏れて音もうるさくなるやら、パワーはしっかり出ないやらと悪いことずくめとなります。
さて今回このマフラーを装着するにあたって最大の難関!!!(>M<)

写真の黒いステーのような物体はHD純正マフラーについているパーツで、2本のマフラーの中間をバイパスして排気効率をアップさせるものです。実は今回取り付けるサンダンスのマフラーでもこの中間パイプを流用するようになっているのですが、純正用に作られたパーツと社外のパーツを組み合わせるとなると、微妙なズレでパイプとステーの位置がなかなかうまく合わさってくれないんです!(><)
ジョイントパイプに着いているステーを車体に着けようとするとステーの穴が合わない!!(><)!!シリンダーのフランジもジョイントパイプも位置が固定なので仮止めを駆使してもダメ!!なんだかんだと、これで結構時間をとられてしまい、最終的にはオーナーの了解を得てステーの穴をチョイ加工しました〜m( uu )m

苦労の末、なんとか取り付けに成功し無事に納車ができました( ^^)/
さらに今回の883Lにはマフラーを替えたら必ずと言ってもいいほど必要になるインジェクションコントローラーのサンダーマックス!この優れものは燃料調整&点火時期調整さらにハーレー乗りにはよだれ物のアイドリング調整が出来てしまうのです!!サンダーマックスに合わせてモーターステージ社製のステージ1エアクリーナーキット!同時にオーダーをするとコントローラーのセッティングマップを組み込んで出荷OK!さらにアイドリングの回転数もオーダーできますよo〜!最後にサンダンスのトラックテックフォークスプリングキットも組み込み中です!!なんと今回全てまとめて購入頂きましたぁ〜H様ありがとうございましたm( uu )mまた宜しくおねがいしまぁ〜す。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!