チョー人気のZERO POINT SHAFTを装着しました!VOL3

まいど~浦安店の安冨です。

 

いやぁ~相変わらずの人気ですねPeo Zero Point Shaft。やはり在庫がしばらくは落ち着きそうに無いですね…。

今回は動画も交えながら紹介していきたいと思います。

今回装着するのはXJR1300のインジェクションモデル。
以前にもPeoのシャフトをハヤブサに入れていただいた方の車両で、あまりの変化ぶりに追加でオーダーを頂きました。

シャフト交換と聞けば抜きかえるだけで良いんじゃない?ってお思いかもしれませんが、実はそれだけの作業で終わらせていません!

当店では交換の際にはホイールベアリングのチェックとリアにおいてはハブダンパーのチェックを行います。

正確に駆動を伝えるパーツだからこそ、いい状態で交換したいですよね!

純正状態
ゼロポイントシャフト装着

交換後のイメージはこんな感じになります。ノーマルの六角からトルクスタイプの工具が必要になります(一部車種はノーマル同様)。

Peo ゼロポイントシャフトは、レーシングワールド全店で取扱中です!
最後は動画を見てその違いを感じていただきましょう!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!