2016 4型シグナスX(SEA5J)【リアディスク車】新製品入荷 その7

浦安店テルイです 寒くなりましたね!自宅ではコタツが出動embarassed

家に帰りご飯を食べた後は気が付けば毎日の様にコタツで寝ていますyell

コタツが気持ちイー季節になりました。

 

今回は、発売したばかりのWR'Sフルエキゾースト(JMCA)の紹介です

サイレンサーはチタン(六角断面)タイプ 焼き色付きと焼き色無しの2タイプが有ります。

●チタンオーバルサイレンサー/フルエキゾースト 価格¥54500(税抜)

●焼き色チタンオーバルサイレンサー/フルエキゾースト 価格¥58500(税抜)

このマフラーは、『快適性と静寂性の両立』をコンセプトに、「より快適にそして速く、より静かで心地良く」という相反するテーマの下に開発し、実現させたマフラーです。

WR'Sで人気の『異型チタンオーバル』を採用しコンパクトスクーター用に完全新設計モデルに成っています

大変心地の良い音質でジェントルかつマイルドな音質を実現しております。

早朝・深夜の通勤・通学にも気兼ねなくエンジンを掛けて頂ける静音タイプのマフラーとなっています。

マフラーバンドは2本止メを採用、サイレンサーバンドを固定するプレートはアルミ削り出しプレートに成っています

アルミ削り出しプレートには、レーザー刻印 WR'Sの文字が刻み込まれています

ノーマルフェンダーを固定するステーも付属で入っています

4型シグナスはノーマルマフラーにフェンダーステーが溶接で固定されていますのでノーマルマフラーを外すとフェンダーがブラブラに成ってしまいます

エキゾーストパイプはステンレス高級素材(SUS304)を使用してます

ポリッシュ仕上げの上から『O.M.J.Nコーティング』という特殊コーティングを施しています。

永久的に表面劣化を防ぎ、永久的に表面の光沢を維持し続けます。

『O.M.J.Nコーティング』とは?

一見、ポリッシュ仕上げ(鏡面仕上げ)されただけのエキパイに見えますが

ポリッシュ仕上げの上から『O.M.J.Nコーティング』という特殊コーティングをする事で、表面を酸化させない事が出来ます!!

エイキパイ部が排気ガスの熱で焼けて汚いエキパイに成った経験など有りませんか?

こんな感じに焼けたマフラー見た事有りませんか

WR'S様で、実際に焼いて『O.M.J.Nコーティング』の効果が確認出来ています

まずは同じ素材のSUS304ステンレスのポリッシュ仕上げのエキパイから試していきます

マフラーの内部をバーナーで炙り、高温の排気ガスが通る状況を再現していきます。

こんな感じに真っ赤に焼きます。※実際にこれ位の排気熱はかかります

冷めていくとステンレスの表面が酸化して色が付いています。これを繰り返すとドンドン黒くなり汚いエキパイに成って行きます。

実際の走行では毎日、通勤やツーリング等で、熱が入っては冷めてを繰返して酸化(錆)はどんどん進んでいく事となります。
(ちなみにステンレスでも、熱が入る事により酸化が進み、鉄ほどではないにしても腐食は進んでいきます。)

では次にO.M.J.Nコーティングを施したエキパイで実験です。

まずは同じく排気ガスが通る事を再現する為に内側からバーナーで炙っていきます。

熱に対しての強さを立証する為に、ここまで焼きます

冷めていくと見事に元通りです!(黒く見えてる所は、バーナーで焼いた時の煤が付いただけなので、ウエスで拭くだけで綺麗に成ります)

ならばと、調子に乗って今度は外側から軽く炙ってみる事に

さすがにここまで表面を炙ると、パイプ表面が濁った感じになりましたが、完全に冷ました後、ウエスで拭くとほぼ元通りです。

O.M.J.Nコーティングって凄いですね!

上の写真は、先ほどのコーティング無しのパイプと比較した写真です。

違いが歴然!
表面処理ですから、お手入れで研磨剤入りの物や金属タワシ等を使用してしまうと、コーティングが剥がれたり、また転倒等によっても表面が傷付く事でコーティングが剥がれてしまいますが、マフラーが冷えた状態で洗剤等使用せずウエスで拭くだけで、永久とはいいませんが半永久的に腐食の無いボディーを維持してくれます。

●チタンオーバルサイレンサー/フルエキゾースト 価格¥54500(税抜)
●焼き色チタンオーバルサイレンサー/フルエキゾースト 価格¥58500(税抜)

今回紹介したWR'Sフルエキゾースト(JMCA)政府公認 何か質問、在庫確認などが有りましたら レーシングワールド(浦安店)までお問い合わせ下さい。TEL047-357-1122

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!