変えちゃいました~♪クラッチマスター!!

こんにちは 

先日の極寒牡蠣ツーリングで見るのが嫌なくらい牡蠣を食べた水瀬です。

めちゃくちゃ牡蠣は美味かったんですが、食べ過ぎてもう見たくない・・・

詳しくは、三木くんがブログをUPしてくれているのでそちらを!!

今回は水瀬の愛車ZRX1200Rにいよいよ導入された

ゲイルスピードのラジアルクラッチマスターを御紹介!!

 

「ラジアルのマスターに変えたら純正と比べてどう変わるの?」

 

 こんな疑問を持たれる方、多いと思います。

大きく変わる点は

 ・握ったときメチャクチャ軽くなる。 (もうスコスコっといった具合)

 しかも渋滞時の半クラなどの手の疲労感が軽減!!

見た目がなんかカッコいい!!(笑)いや、見た目大事ですよ!

では、

数あるクラッチマスターの中からなぜゲイルスピードを選んだのか?

それは・・・

・レバーレシオの調整幅が0.25mm刻みで調整可能な為、

 自分がより操作しやすい(乗り易い)ポイントを見つけやすい。

・カッコいい見た目!!

 ボディーはアルミ鍛造材を使用し、高強度で軽量。

 レバーは転倒時のダメージ軽減を目的とした可倒式レバーの標準採用。

 

などなど、まだおすすめポイントはありますが

上記のような理由から今回ゲイルスピードのラジアルクラッチマスターに

交換しちゃいました!!

 

さて、いざ交換!!

交換に夢中になりすぎて写真が・・・ない←

 

まず、純正のリザーブとホース内にあるクラッチフルードを抜き

 

純正のホルダー&レバーごと取り外し・・・

ホースもとっちゃって・・・アッ!!

 

タンクもとらなきゃ!!ホース取れない(泣)

 

ということでタンク脱着。

 

しかし、フューエルコックの部分が壊れているためガソリンダダ漏れ。

壊れているのは知っていたのでビニールテープを巻きまくって

ガソリンを何とか止め、(知ってたんやったら早く直せ)

 

ついでに「どーせならタンク外してるしプラグ換えちゃえば?」

という○寅さんの魔のささやきによってついでにプラグも交換。

 

プラグも交換し、無事ホースも取り外し

 

次にレリーズカバーを切削加工。

リューターを使ってホースが干渉してしまう部位を綺麗に削って

 

今回カワサキ用のクラッチスイッチは購入せず

汎用のクラッチスイッチに交換したので

配線をちょちょっと加工し

(はんだ付けされてる配線が抜けるハプニングもありましたが・・・)

 

ビルドアラインのステンレスのクラッチホースに交換したので

コチラもきれいにとりまわし、いよいよホルダーを装着。

 

しかし、そのまま付けるとクラッチレバーを握った際に

パッシングのスイッチに干渉しクラッチきるたびにハイビームに!!

 

それはいかんということで・・・

ちょっぴりだけスイッチボックスの位置を調整。

(スイッチBOX内のハンドルと固定するためのチョボをちょっと加工)

 

ホルダーの位置が決まったところでリザーバータンク取付。

 

いよいよフルードをいれエア抜き開始。

 

 

あれ?

 

・・・??

 

エアが全然抜けない。

 

何故??

 

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・!!

 

 

一か所バンジョーボルト閉まってない!!(笑)

 

と、間抜けな珍プレーで1時間ロス。

 

そしてエア抜きを無事終えて完成!!

 

 

いざ試乗!!

 

クラッチちゃんと切れてるぅ~(泣)

しかも・・・

 

超軽い!!

最高!!

是非、まだクラッチのマスターを交換されていない方で

「クラッチ軽くしたいなー」

「疲れず楽にバイクが乗りたい」

「握力が続かず、半クラしんどい」

「今のバイクをより楽しく乗りたい」

 

そんな方必見です!!

気になる方は、いつでも木寅・水瀬まで御相談下さい♪

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!