鉄馬イジリ、ちょっとずつですがやってますぅ。【XL1200X オーリンズ ブラックライン取付の巻】

こんにちは!浦安店の杉浦です。

本日は、自分の愛車XL1200Xにオーリンズのブラックライン「S36D」を取り付けました。

ノーマルと同じ長さのリアサスペンションで、特徴は、シリンダー内にフリーピストンを内蔵したモデルになります。

ヘッド部分にロゴマークがレーザー刻印されています。

では、取り付け開始cool

まずは、リアタイヤが地面に着くか、着かないかぐらいまでジャッキアップ。

フェンダーレールとスイングアームの上下のボルトを外してリアサスペンションを交換します。

同じようにもう反対側も交換します。

ノーマルとオーリンズの長さを比べてみました。

下側がノーマルで、上側がオーリンズのサスペンションです。

見た目が、すっきりとした形状になってます。 

ノーマルのリアサスペンションが付いた画像
オーリンズのリアサスペンションが付いた画像

個人的な感想ですが、ノーマルの時と比べて、走り出しやコーナーリングなどで程よい沈み込みで疲れを軽減出来そうです。

例えると高級ベットのようで、沈み込みすぎず、反発しすぎない感じでした。

しかも!オーリンズを交換するなら今がチャンスです。

カロッツェリアジャパン・30周年記念キャンペーンで3000円分のQUOカードをもらえるのは7月31日まで!!

在庫など、お気軽にお問い合わせお待ちしております。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!