スーパーカブで行く!名古屋~九州ツーリング(2)

2日目 志布志~桜島~佐多岬

 

大阪・南港を夕方に出航して約15時間の船旅も終わり、翌朝無事に鹿児島・志布志港に入港。最近の大型船のハイテク技術はすごい。揺れを感知すると船底のスタビライザーで自動制御するそうで、ほとんど揺れを感じなかった。おかげでぐっすり休むことが出来た。高速代、ガソリン代を考えたら、自走するよりもかなり楽だ。

 

 

鹿児島の海の玄関口、志布志(しぶし)

 

ちなみにこのフェリーターミナルの住所は

 

「志布志市志布志町志布志」!!!!!

天候は曇り。九州は初めての地だが、ツーリングの基本として、今では全国にある道の駅を拠点として走り出す。まずは最初の目的地、「道の駅 桜島」へ向かう。

 

志布志から西に向かって走り、1時間ほどで錦江湾(鹿児島湾)に出た。このまま海沿いに走れば、桜島に着く。桜島は元々は独立した島だったが、噴火を繰り返し、島の東側から流れた溶岩が大隅半島につながり、東側で陸続きになったそうだ。

「溶岩道路」

 

そのままの名前だ。

 

 

現在も噴火活動中の桜島。噴煙は見えないが、火山灰がすごい。路肩にけっこう積もっていた。

 

溶岩道路を西に進むと、道路脇に噴石の退避豪がいくつかあった。いつ噴火してもおかしくない状態なのだろう。

 

そのまま進み、桜島の西端にある「道の駅 桜島」で休憩。予定ではこのまま半島の対岸の鹿児島市にフェリーで渡り、南下するつもりだったが、思ったより時間が掛かってしまった。おまけに雨もポツポツと降ってきた。今日の最終目的地は最南端の佐多岬のキャンプ場だ。このまま鹿児島市に渡ると日没までに間に合わないかもしれない。予定を変更して大隅半島に戻り、佐多岬に向かった。

 

火山灰の混じった雨に打たれながら南へ走る。幸いそれほどひどい雨ではなく、夕方くらいには雲の隙間から太陽が見えてきた。よかった。雨の中のキャンプは避けられそうだ。

 

佐多岬の手前で「根占(ねじめ)温泉」に入り、本土最南端のスーパーで買い出しをして、6時前にようやくキャンプ場に到着した。

 

佐多岬の2キロほど手前にある無料キャンプ場

 

「大泊野営場」に到着。

 

けっこう有名な所なのだが、この日は他に一人も居なかった。

 

目の前が海という絶好のロケーション。夏は海水浴も出来そうだ。設備は炊事場とトイレくらいしかないが、これで十分だ。暗くなる前にテントを設営する。

 

夕食は「さつまあげ」「カンパチの刺身」「薩摩地鶏のたたき」。

鹿児島名物尽くしだ。 

 

 

日が暮れたら、辺りは真っ暗。夜半には雲もほとんどなくなり、満天の星空だ。

 

明日の夕方には帰りのフェリーの上。明日も忙しくなりそうだ・・・。

 

つづく

 

ツーリング便利グッズ紹介 その2

 

「スフィアライト ポケットサイズペンライト」

 

バイク用LEDヘッドライトでお馴染みのスフィアライトから発売されている小型ペンライトです。TE OPTO製高輝度LEDを7連使用。明るさは90ルーメン。単4電池3本で5時間使用可能。底面とクリップに強力マグネットが付いているので使い勝手もいい。

おまけ

 

キャンプに役立つワイルド豆知識

 

テント内の照明でライトを使うとき、光が強すぎてまぶしい!ってときは

 

白いコンビニ袋が1枚あればOK。

 

コンビニ袋にライトを入れて膨らませるだけ。

 

袋がランプシェードの代わりとなり、全方向に拡散させるので、ライト単体で使うより全体を照らせます。

 

ただし、熱を持つライトはダメです。熱をほとんど持たないLEDライトだからできるワザです。

 

お試しあれ!

 

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!