ストロングスタイル・キャンプツーリング(その2)

翌日も快晴。絶好のツーリング日和だ。野生動物に襲われることなく、無事に朝を迎えることができた。今日はこのまま名古屋に帰るだけ。153号線を使えば3時間ほどで名古屋に帰ることができるが、それでは面白くないので、今回は

 

「酷道」

 

として有名な国道152号線のルートを選んだ。

 

夜露で濡れたテントを乾かしている間に簡単な朝食を済ませる。持参した炭と薪はすべて燃やしたので帰りの荷物はだいぶ軽くなった。パッキングを済ませて出発!

山頂のキャンプ場からふもとの中川村までバイクで15分ほどで降りることができた。153号線に出て南下し、昨日通った小渋ダムの道から国道152号線に出る。桜で有名な大鹿村の大西公園の横を通り、次の目的地、しらびそ高原に向かう。

「酷道」として知られる国道152号線。ツーリングマップルで見ても途中で道が途切れており、ナビのルート検索でも遠回りのルートを表示するのだが、通行止めの看板が無いのでたぶん通れるだろう。

 

そんな感じで進んでいったのだが、30分くらい走っても1台も対向車が来ない・・・

 

道幅もどんどん狭くなってくる・・・

 

かろうじて舗装はしてあるが、「これホントに国道?」と言いたくなるような山道に入っていく・・・

 

「もしかして通行止め?」

 

だんだん不安になってくる。通行止めでここから引き返すことになったら、かなりの時間のロスだ・・・

 

と、そのとき、前方からジェベル250が走ってきた。

 

よかった。道がつながっていた・・・

 

 

標高1918mのしらびそ高原の頂上。ヨーロッパ調の宿泊施設「ハイランドしらびそ」が目をひく。日本じゃないような風景だ。天体観測のポイントとしても有名なところであり、すぐ近くにキャンプ場もある。

近くにある「御池山隕石クレーター」も見どころだ。約3万年前に隕石が衝突した跡で、今は木でおおわれて判りづらいが、よく見ると山の中腹がくぼんだように見える。

そのままさらに南に下ると、「下栗の里」に出る。山の急斜面添いに民家が立ち並ぶ集落で、「日本のチロル」や「天空の里」などと呼ばれている。信州サンセットポイントのひとつにもなっている。

 

あの映画監督、宮崎駿氏もここを訪れたことがあるそうで、ジブリの短編アニメでこの下栗の里の風景をモチーフにした作品もあるそうだ。

下栗の里を抜けて国道152号線に戻り少し走ると、「道の駅 遠山郷」に着いた。遠山郷の名物、羊の肉を秘伝の味噌だれに漬け込んで焼いた「遠山ジンギス」で昼食をとる予定だったのだが、着いた時間が遅く、ランチタイムの営業が終わっており、食べることができなかった。

 

近くのコンビニで昼食を取り、今回の最終目的地「阿南温泉 かじかの湯」に到着。アルカリ性単純泉の湯だが、源泉そのままの約30℃の浴槽があり、夏場はクールダウンに最適だ。露天風呂からの眺めも良く、眼前の門原大橋を眺めることができる。

 

温泉を出たあとは、国道153号線に戻り、そのまま無事に名古屋に帰り着くことが出来た。今回のツーリングは何といっても天候に恵まれた。真夏の暑い時期をずらせた事もかえって良かった。

 

今回は1泊2日のキャンプツーリングだったが、高速を使えば日帰りでも十分回れるルートなので、秋の紅葉ツーリングにもおすすめです。

今回のツーリングではダムカードを3枚ゲット!

おまけに橋カードも手に入れました。「阿南温泉 かじかの湯」の露天風呂からの眺めです。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!