ガソリンタンク錆取りの後には

南名古屋店の中安です。

バイクを放置していると、出来てしまうアレ。

そう「サビ」。

金属部品の多いバイクには避けられない「サビ」ですが、

特にガソリンタンク内に出来たサビほど大変な物はありません。

泣 泣
泣 泣 泣

タンクキャップを開けてみて上記の状態であれば号泣待った無しです。

ガソリンタンクの錆取り剤は高性能で、綺麗にタンク内の錆を取ってくれますが、どうしてもガソリンタンク内の端っこや隅の方は「サビ」が残ってしまうことがあります。その少し残った「サビ」のおかげでサビが詰まり、オーバーフロー(ガソリン漏れ)の原因になる可能性もあります。

そこでオススメなのがキタコ様より発売しています、

「タンクシーラー」税別3,800円

これはガソリンタンク内のコーティング剤で残ったサビごと固めてコーティングしてしまおうという優れものの商品です。

容量は230mlで25リッタータンクをコーティングします。

また、画像のような錆取りをして、新たに出来てしまった小穴も同時に塞いでくれる効果もあります。(塞げる限界もありますのでご注意下さい。)

 

ガソリンタンクの錆取りをご検討中の方は錆取り剤と共に同時購入をオススメします。

南名古屋店のケミカルコーナーに在庫してますのでお問い合わせ下さい。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!