あの噂のハイグリップタイヤを装着しちゃいましたよ(≧∀≦)

毎度、こんにちは。 芸名「かなやん」こと本店新人の金山 泰宏と申します。\(^o^)/

新人ですが先輩方に負けないですよ‼金山です‼

 

 

今回は私(金山)の愛車の1つ YAMAHA  YZF-R1に新商品  USA DUNLOP  SPORT MAX 「Q4」を装着しましたーー(╹◡╹)「α-14」→「Q4」に変更しました!

 

 

10年以上オートバイに乗っていますが、ハイグリップタイヤしか装着したことがありません(^^;;笑

  • 常にスポーティーに安全運転をする。これをモットーにオートバイライフを満喫している25歳。実は34歳です。

 

フロントタイヤ、リアタイヤの画像です(^-^)

どうですか?滅茶苦茶レーシーではないですか!!!

 

 

サイズラインナップ

Front   120/70ZR17M/C (58W)

Rear    180/55ZR17M/C (73W)

           180/60ZR17M/C (75W)

           190/50ZR17M/C (73W)

           190/55ZR17M/C (75W)

     200/55ZR17M/C (78W)

 

主にビックバイク向けのハイグリップタイヤになります。

 

 

新商品 USA DUNLOP SPORTMAX 「Q4」に関しましては、何かの後継ではなく、アメリカでの完全新設計のタイヤになります。

タイヤのカテゴリーは「α-13 SP」のようなタイヤとなります。ですが、タイヤのパターン、プロファイルはがらりと変わりました。特性も変わります。

簡単に説明いたしますと...

 

Q4は既存のα-13SPと同一のカテゴリーとなりますが、日本国内において長年開発され続けているαシリーズとはハンドリング特性が大きく異なりサーキットユーザーボリュームゾーンへ更なるテコ入れとなります。

 

ストリート~サーキット対応タイヤ

「α-14」、「ロードスポーツ2」

 

 

サーキット対応タイヤ(公道走行OK)

「Q4」、「α-13SP」

 

「Q4」→上級者 

「α-13SP」→初級~中級者向け。

 

 

 

「Q4」はタイヤの剛性を高めたセッティングによりガッチリとした手応えで積極的な操舵によりグイグイ曲がる旋回特性です。

パワフルな操舵やブレーキングによりタイヤを使う積極的にバイクを操りたいライダー向き。

 

「α-13SP」は前後タイヤの剛性を調整することでバランスが良くロールして扱いやすくバンク角に対してリニアに向きを変えていく旋回特性のタイヤです。

シャープかつ軽快なハンドリンで操りタイヤ特性を生かして旋回したいライダー向き。

 

 

これで次のサーキット走行も楽しみです(*'▽')

「Q4」に関しましては先日鈴鹿サーキットで行われました。ダンロップモーターサイクル試走会で「GSX-R750」「ZX-6R」「CBR600RR」に履かせて走行しております!!!

お客様にインプレッションが出来ればな!と思います。

気になるお客様、是非ともレーシングワールド本店にお越しください!!!

お客様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ち致しております。

今回のタイヤblogを最後までご覧いただき、ありがとうございます。

それでは~~

 

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!