スーパーカブで行く! 四国・しまなみ海道ツーリング(1)

ゴールデンウィーク、いかがだったでしょうか?。史上初の10連休。ツーリングに行かれた方も多いと思います。私もゴールデンウィーク終盤に4連休が取れたので、キャンプツーリングに行ってきました。

 

行き先は四国!

 

それではツーリングレポートをどうぞ!

 

 

スーパーカブ110。荷物がメチャメチャ積めます!

今年のゴールデンウィークは史上初の10連休。仕事柄なかなかまとまった連休は取れないのだが、今年はゴールデンウィークの終盤に4連休が取れるようになった。4連休あったら、以前から考えていたあの場所に行ける。そこは・・・

 

「四国・しまなみ海道」

 

西瀬戸自動車道、通称「しまなみ海道」とは、本州と四国を結ぶ連絡道路で、瀬戸大橋、明石海峡大橋に次いで3番目につながった自動車専用道である。広島県尾道市から愛媛県今治市まで約60kmが1本の道で繋がり、瀬戸内海の島々を渡る絶景ルートになっている。バイク雑誌の絶景ロードのランキングでも常に上位にあり、自動車のCM撮影などにも使われる道だ。

 

今回のバイクもスーパーカブ110。実は、このしなまみ海道、原付バイクにとってとてもメリットがある道なのだ。しまなみ海道のメインの車道は、125cc以下のバイクは通行不可となっているのだが、そのメインの車道の横、あるいは下に、歩行者、自転車、原付バイク専用の道があるのだ。歩行者は無料、自転車、原付バイクは有料なのだが、2020年3月31日までは自転車は無料になっている。原付バイクは有料なのだが、通行料金が格安なのだ。今治から尾道まで大小8つの島、6本の橋を渡るのだが、1本の橋を渡るのに¥50~¥200。すべての橋を渡って尾道まで行っても片道¥500しかかからないのだ。車や普通のバイクだと片道¥4.000近くもかかってしまう。これが今回しまなみ海道に原付バイクで行こうと思った理由の1つだ。

 

そしてもう1つの理由、原付バイクならではの目的があった。実はしまなみ海道には

 

「原付バイクでしか上陸できない無人島にあるキャンプ場」

 

が存在するのだ。

 

正確には、徒歩、自転車、原付バイクなのだが、要するに自転車・原付用の側道からでしか上陸できない無人島なのだ。

 

原付ライダーの聖地、しまなみ海道。今回のツーリングの目的が決まった。

 

 

 

 

 

道の駅 「奥永源寺 渓流の里」で休憩。

5月某日、快晴。朝8時に名古屋を出発。今回のルートは大阪まで下道で行き、大阪南港からフェリーに乗ってその日の夜に出航。次の日の朝に愛媛県の東予(とうよ)港に到着。東予から今治まで約30km。そこからしまなみ海道に入ってその日は無人島でキャンプ。翌日の夜に東予港に戻り大阪へ。その翌日に大阪から名古屋へ戻るルートだ。名古屋から大阪までオール下道で行くのはかなり大変だが、ちょうど2年前に鹿児島に行ったときも同じルートを通ったので、それほどしんどくはなかった。しかも、鹿児島に行ったときのフェリーの出航時刻は夜6時だったが、今回の東予行きは夜10時の出航なので、かなり時間的に余裕があり、のんびり行くことができた。

 

名古屋を出発して、桑名経由で国道421号線に入り、ひたすら西に進む。ゴールデンウィーク終盤なので、高速道路はUターンラッシュで大渋滞していたみたいだが、下道は意外と空いている。途中の道の駅は車、バイクでごった返していたが、順調に進む。

 

 

京都市山科区にあるデグナー本社ヘッドショップ
デグナーの全商品が揃っています!

国道421号線で琵琶湖の南側を通り、国道1号線に入る。京都市内に入り、1号線沿いにある、レザー製品で人気のデグナー本社のヘッドショップにお邪魔する。レザージャケット、レーシングスーツ、革製のサドルバックや革小物などが人気のメーカーだが、ナイロン製のツーリングバッグも使い勝手が良くて好評だ。今回のツーリングでも愛用の防水バッグNB-12を使用している。30Lの大容量だが、荷物の量によって大きさを変えられるので非常に便利だ。

 

今回も大活躍。NB-12防水バッグ。

大阪の市街地に入るとさすがに道が混み始めてきた。だが、まだ時間の余裕は十分にある。夜10時の出航なので、遅くても9時までに大阪南港に着けば乗船に間に合う。大阪の街を走るのも久しぶりだったので、バイクショップなどいろいろ周り、夜8時くらいに港に着いた。

 

大阪南港フェリーターミナル

辺りはすっかり暗くなっていたが、迷わすフェリーターミナルに到着。大阪南港はフェリー乗り場が何カ所もある。愛媛行きは大分、鹿児島行きとは乗り場が違うので間違えないように事前にチェックが必要だ。

 

出航2時間前だが、すでに車両の乗入れが始まっていた。ゴールデンウィーク終盤なのでかなり人も多い。今回のツーリング、休みが決まったのが出発の2週間くらい前。急いでフェリー会社に予約状況を確認するとシングルの部屋ならまだ少し空きがあるということで予約が取れた。最近はフェリーの旅がブームとなっており、高い部屋から埋まっていくそうだ。

 

フェリー後部から乗船。

フェリーターミナルの受付カウンターで乗船手続きを済ましていよいよ乗船。自動車、バイクは一番下の層、長距離トラックはその上。車両甲板が2層になっている。長距離トラックもかなり多い。働き方改革のおかげで長距離トラックのフェリー輸送が増えているみたいだ。

 

車両甲板。バイクをしっかり固定してもらえる。
メインロビーにステンドグラス!
この先がシングルルーム。
寝るには十分な広さです。

今回利用した「オレンジフェリー」は、大阪南港と愛媛県・東予港を2隻のフェリーで毎日運航している。それぞれの港を夜10時に出航して朝6時に到着するので寝ている間に目的地に着く。とても便利だ。船は2隻とも昨年新造された新しい船で内装も豪華だ。食堂やラウンジもあり、お風呂も運行中はいつでも入れる。

 

ETC1000円乗り放題が実施されていた頃はフェリーの利用者数が減り、経営がかなり苦しかったそうだが、今はフェリーの人気が復活して業績もV字回復しているそうだ。特にこのオレンジフェリーは、しまなみ海道を自転車で渡るサイクリストをターゲットにして、今すごい人気になっている。今までは、ロードバイク(自転車)をフェリーや鉄道に持ち込むには、一旦バラして輪行バッグという専用のバッグに入れて手荷物扱いにして持ち込むしか方法はなかったのだが、このオレンジフェリーは自転車をそのまま自分の船室に持ち込むことができるサービスを始めて人気に火がついたそうだ。このフェリーは珍しく大部屋が無く、全室個室というのも特徴だ。一番値段の安いシングルルームはたしかに狭いが寝るには十分だ。テントで寝るよりははるかに快適だ。

 

定刻どおり、午後10時に出航。明日は、しまなみ海道だ。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!