喫茶店ツーリング7 – カフェ ブラックバードさん

こんにちは、浦安店 中村です!

 

喫茶店ツーリングの第7弾、

今回訪問したのは浜松にある

カフェ ブラックバードさん。

バイク(特にホンダ)が

好きな人なら知っている人も

多いかと思います。

 

90年代末にホンダが開発した

CBR1100XX Super Blackbird

お店の名前の由来になっており、

理由はズバリ、お店のマスターさんが

CBR1100XXの開発者なんです!

 

~と、数年前に上記の話を

バイク誌か何かで知ったのですが、

当時の自分からしたら

「浜松なんて道も分らないし、

おまけにそんな距離は走れん…」と

諦めていました。

ただ、ここ最近走行距離が伸びたのと、

この前近いところまで走ったのもあって、

「こりゃ行けるのでは…?」と思い、

いざ訪問。

 

……

 

 

さて、訳あっていつも以上に画像が少ないです。

 

 

出発は午前9時。

そろそろ時間の配分をどうにかした方が良いですね。

 

そこから国道1号を

ひたすらに直進!

港町横浜が華やかぁ!

 

 

直進!

箱根新道のワインディングぅ!

 

 

更に直進!

富士由比バイパスの海景色ぃ!

 

 

もっと直進!

右手に霊峰富士ぃ!

 

 

 

 

 

~島田金谷バイパス。

この辺から片側1車線で流れが…。

そして単気筒の振動がビリビリと。

 

 

そこから先も粘って走って、

浜松の県道49号で感動し、

(この道、中々流れも眺めも良いですよ)

とうとうその県道沿いに見つけました!

 

 

いやぁ、長い道のりでした…。

尤も、単気筒のスポーツバイクでバイパスを

突っ切ること自体がどうかと思います。

 

丁度店先にいたマスターさんに

バイク置き場を案内して頂いて、

早速店内へ。

 

 

 

10人分ほどの席が配され、

壁面や入り口付近の棚には

マスターさんが開発したバイクに

ちなんだ模型やグッズ、

コーヒーにまつわる品物がずらり。

NRのピストンの存在感がすごいです。

 

豆を様々な場所から独自に仕入れ、

ドリップの方法にもこだわった

自慢の一杯を頂戴しつつ、

マスターさんとのお話に

花を咲かせる穏やかな時間…。

 

ご馳走様でした!

 

皆様も是非、こだわりぬいた一杯を

味わってみて下さいね。

以上、中村でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…あれ、コーヒーの画像は?

バイクの模型の画像は?

というかそもそも画像が少なくない…?

 

 

 

 

言い訳説明しますと、

1.カメラを持って行ったのに

SDカードが入ってなかった

代用のiPodの電池残量を気にするあまり、

数枚しか撮れませんでした…。

 

2.マスターさんとの会話を

楽しむあまり、写真を撮る前に

全部飲んでしまった

凡ミス。

 

3.そもそも到着の時間が遅かった

今一度、凡ミス。

 

 

 

…以上となります。

やーい、間抜けー。

 

ただ、その甲斐(?)あって、

マスターさんから一言、

「ウチにまた来る理由が出来たね!」

 

 

~それだ!

出来れば今夏に改めて訪問します。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!