日々の元気はオイルから! – GSX-Rのオイル交換

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

気付けば9月も後半。

まだまだ暑い日が続きますが、

どことなく空の色も

秋っぽさが感じられますね。

 

 

さて、今回は取り留めの無い話ですが、

GSX-R600のシフト動作が

ガチガチになってきたので

オイル交換を行いました。

 

 

別に大した事でもないですが、

こういう些細な事でも公開して

「ちゃんとブログ稼動してますよー」と

アピールしたいなと。

ほら、最終更新が2014年とか書いてあると

見てて物悲しいじゃないですか…。

 

 

という事で、今回も

張り切って参りましょう。

 

 

 

ホイール汚っ。

 

オイルだけの交換なので、

カウルはそのまま。

 

 

上司の了承済みとはいえ、

営業中の作業なので、

ササッと済ませます。

 

 

 

エンジンを少し回してオイルを温めて~

 

 

 

 

44℃、これくらいでしょうか…?

 

 

 

で、予めフィラーキャップをゆるめて

ドレンボルトを外して…

 

 

古いオイルが出切るまで待機!

尚、この間にトレーに落としたドレンボルトを拭いています。

 

 

 

古いオイル。

黒ずんでいる分だけ仕事をしてくれた証拠。

いや、しかし黒いです。

 

 

 

そして今回入れるのもコレ、

シルコリン・Pro4 XP!

前回SRXにも入れました

 

 

ものすごーくざっくり説明すると、

・高い潤滑性

・しっかりした保護性能

・強靭な耐久性

~と3拍子揃ったステキなオイル。

 

ちょっと年期の経つ車種から

回して走るスポーツバイク、

ロングツーリングが好きな人まで

どんな人にもオススメですヨ。

 

 

さて、これをある程度入れてから

フィラーキャップを締めて~

締めないと大惨事になります。

 

 

 

少しエンジン回して残りを入れて~…

併せてトリップメーターもリセットして~…

 

 

完了!

 

 

 

仕事終わりに少し乗ったところ、

シフトチェンジ時に発生していた

「カコッ」とした感触が無くなっt

 

~SRXの時にも同じこと書いてました。

 

 

 

おおむね3,000km以上走ると

オイルの性能は急激に下がると言われ、

この状態のまま乗り続けると、

最悪の場合はエンジンの破損

(=凄まじい修理代)なんてことも…

 

そうならない為にも、

オイル交換は定期的に」が大事ですよ!

 

 

 

当店ではオイル販売を行っている他、

オイルの交換作業も受け付けております。

 

店頭での受付の場合、

時間が取れない事もありますので、

お電話でのご予約をお奨めします。

 

TEL:047-357-1122

 

「最近オイル交換してないな…」や、

「長距離ツーリングに行くから~」と

お考えの方は、是非お問い合わせ下さい!

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!