〜07BUSA US STREET CUSTOM日記 栗原様 編 其の十三 (GSX1300R ハヤブサ カスタム)

毎度!浦安店の安冨です。ここ最近ブログ見ましたよ!みたいな声を色んなお客様から言って頂くことが多くなりうれしい限りです。ほぼ毎日レジ横のUSパーツコーナーにいてますので気軽に声を掛けてください。
これぐらいかな?大体のラインを入れます。
今日は前回クラッチカバーの装着に行く前に終わってしまった続きからはじめたいと思います。装着するのはPPM製のカバー。シースルータイプなのでただ単にノーマルの車両に付けるには宝の持ち腐れ…。なので大胆にカウルを加工してしまいます。
こんな時の加工担当は繊細な手の持ち主の小高にお任せ。まるで人体を手術するかのごとく位置を決め迷うことなく切り抜いていきます。
本人いわくかなり緊張しているようですが、その手さばきからは余裕すら感じられます。この辺はセンスと度胸がとても要求されます。
ここは一気に切り込んでいきます。
こんな感じで切り上がりました。
そして最後の仕上げのカウルのバリを取ってカウル側は完成です。そしてエンジン側はノーマルのカバーを外して綺麗にガスケットを剥がします。車種によってはこれがかなり大変で、ハヤブサはまだ綺麗なほうだと思います。
仕上げのヤスリがけ。
入念にガスケットを剥がしていきます。
こんな感じになりますが、ここから未だ手を加えていきます。
レーシングワールド公式LINEアカウント開設!