嗜好(至高)品

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

 

 

突然ですが、今回の主役はこちら。 

 

 

ヤマハ・SRX-6。

 

かれこれ30年以上前に造られた、

オジサンホイホイ隠れた名車です。

 

 

 

 

"数値上の性能が高ければ正義"。

~という世の中に生まれた、

数値以上の魅力を持つ

不思議なスポーツバイク。

 

 

こんなバイクに、ETCもスマホホルダーも付けずに

独りで乗っているものですから、

たまに周りから「お前50代だろ」と言われます。

 

 

 

 

 

 

~さて。

 

1年程前に、先輩スタッフから

「SRXならサンパーは押さえとけ」

と言われた事がありまして、

【…"さんぱー"って何?】

と疑問に思ったのが今回の始まり。 

 

聞けば、かつてあのヨシムラ

SRX-6(4)専用に造り上げた

マフラーの名前だとか。

 

 

しかし、社外品のマフラーは

低回転での力が細る事が多く、

加えて、SRXは形が好きなので、

「デザインも性能も変わってくるのか…」

という一抹の不安があり、

それ程乗り気ではありませんでした。

カスタムパーツ販売店のスタッフなのに…。

 

 

 

 

しかし、よくよく聞くと…。

 

「全域でのパワーアップ」

 

 

~んっ?

社外マフラーなのに…?

 

 

どうにも、調べれば調べるほど

そういった内容が出てくるので、

嘘ではなさそう。

 

 

更に雑誌やウェブ上の画像を見ると…。

 

「純正に寄せた形状の

ショートサイレンサー」

(初期ロットのみ)

 

 

~んんっ!?

そんな都合の良い話があるのか…?

 

 

 

などの点がものすごく気になり~

 

…いやいや、もうひとつ!

音量が大きすぎるのも嫌いなのだ!

貴様は本当にカスタムパーツ販売店のスタッフか?

 

 

「程よい音量が成す、

独特の排気音」 

 

 

あれぇ、何も言い返せん…。

 

 

 

~気付けば、暇な時にサンパーを

調べだす始末。

 

 

 

とはいえ、そもそものバイクが

30年以上昔のモデルで、

ソレ専用のマフラーとなれば

当然新品などあるはずも無く。

(言わずもがな、現在は生産終了です)

 

ヤ○オクなどで調べてみるも、

やはり劣化(部品の欠損など)が

激しい個体が多く、

綺麗だとしても、希少性ゆえに

そこそこの価格になっていたり…。

 

 

~んまぁ、今更見つからんよなぁ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

っうぉぉぉぉ!?

 

 

続く

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!