新商品!B+COM ONE 発売しました!

バイク用Bluetoothインカムで人気の「B+COM」(ビーコム)シリーズ。

 

NEWモデルが1/31に発売されました!

 

B+COM ONE (ビーコム ワン)

 

です!!!

 

B+COMシリーズは現在、最上位機種の

 

B+COM SB6X

 

が発売されておりますが、今回新しく発売された

 

B+COM ONE

 

は、SB6Xの廉価版、つまり下のモデルという位置付けにはなりますが、さすがはB+COM。ただの廉価版ではありません。SB6Xに匹敵するほどのハイスペックを秘めているのです。

 

本体の通信機能を使った通話可能距離は、1対1で最大約1400mまで可能。インカム通話の連続使用時間は最大約12時間。携帯通話、音楽再生の場合は最大約14時間も使えます。最大通話可能人数は、B+LINK機能を使って最大6人まで同時通話可能。もちろんSB6Xと互換性もありますので、SB6Xのグループの中に参加することも可能です。

 

その他の機能もほとんどSB6Xと遜色ないのですが、違っているところとしてはまず、「聴きトーク」機能が無いことです。SB6Xは本体内にBluetoothのチップが2個搭載されており、本体通信機能とスマホ通話や音楽再生を別々のチップで行う為、音楽を聴きながら会話も出来るのですが、B+COM ONEはチップが1個だけなので、会話をするときは一旦音楽は途切れます。会話中に音楽は無くてもいいという方なら、この聴きトーク機能は必要ありません。

 

そして、もう1つは内臓バッテリーの容量がちょっと少ないというところです。SB6Xと比べてインカム通話時間が4時間ほど短いのですが、それでも連続通話で約12時間は保ちますので、丸一日ツーリングで話しっぱなしでも大丈夫です。バッテリー容量が少ない分、本体重量が少し軽いというメリットもあります。

 

そして、SB6Xはマイクが2本付いているのですが、B+COM ONEはマイクが1本しか付いていません。ワイヤーで繋がったワイヤーマイクと、自由に曲げられるアームマイク。SB6Xはそれぞれ1本づつ付いているのですが、B+COM ONEはどちらかを選ぶということになってます。

 

B+COM ONEは、マイクの形が違う2種類のパッケージで発売されており、シングルユニット、つまり1個づつの販売となります。

 

マイクがワイヤーで繋がっており、ヘルメットの口の裏側に貼り付ける「ワイヤーマイクユニット」は、フルフェイスヘルメットにおすすめです。

 

そして、マイクが自在に曲げられる「アームマイクユニット」は、ジェットヘルメットやシステムヘルメットにおすすめです。

 

お使いのヘルメットの形状によってマイクを選べるB+COM ONE。付属品を減らした分、価格も安くなってます。

 

 

価格はそれぞれ

 

¥27.000+税

 

となります。SB6Xよりも¥7.800もお値打ちになってます。

 

このスペックでこの価格。インカムをお考えの方にはこの

 

B+COM ONE

 

おすすめします!

 

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!