まったり、ゆったりツーリング 『 オートバイにも必需品 part 2&2.5 』

こんにちは、本店のちっちゃいオッちゃんです。

色々な事&物が、自制&自粛になっていますが、こんな時だから....

愛車のメンテナンスやカスタム等を....

と、言う事で今回も人気のドライブレコーダーを取付けさせて頂いたので紹介させて頂きます。

煽り運転への有効的な対策の一つでもある『 ドライブレコーダー 』

 MITSUBA EDR-21G 前後2カメラ+GPSを取付させて頂きました。

今回、取り付けさせて頂いたのは、HONDA CRF1100L Africa Twin

2020年モデルの新車になります。

キャンプツーリング大好きのお客様。

HONDA Adoventureバイクと言えば...

フルパニアボックス仕様の車両になります。

車両が大きい事もあり配線等が比較的隠し易いと思っていましたが...

空いているスペースが全くといって良い程無い。泣きたくなる程無い。

カウル類は、一本(ワンサイズ)のヘキサゴン(六角)レンチで着脱出来る整備性の良さに一寸驚きましたが、マジでスペースが無くて大変でした。

さて取付けスタート!!

まずは、リア(後ろ)カメラですが、

”PLOT ドラレコ カメラステー ナンバー上マウントタイプ” を使用して取付け。

ミツバさんからもオプションパーツが発売になりましたので取付け場所の幅がひろがりますね。

フロント(前)カメラですが、フロントバンパー?、フロントガードに

”TECHMOUNT (テックマウント) 社製のクランプステー” で がっちり固定。

これで少々の悪路でも安心!!

あわせてお客様が、使い慣れているユピテル製ナビも取付けさせて頂きました。

コントロールスイッチやレーダーユニットなどはハンドル左側に集約しました。

因みにシート下は、二輪車用のETCユニットが居座っていましたが、ドラレコの本体も何とか収める事が出来ました。

純正モニター裏側にドラレコ&ETCのアンテナを収納しています。

お買い上げありがとうございます。

2020年モデルからホイールがチューブレス化になりました。

prat2.5になっているのは、同じ車種でチューブレス施工でお預かりしたアフリカツインに何と!!

ミツバサンコーワ EDR-21G が装着されているではありませんか!?

コチラはオーナー様がご自身で装着されています。

リアカメラは、同じカメラステーにて装着されています。

フロント(前)カメラは、カウルに直接取付けをされています。

場所的にもしっかりと撮影出来る場所です。

GPSアンテナと強制スイッチもスマートにまとめられています。

参考になりました。

今回は、チューブレス加工のご依頼ありがとうございます。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!