シャープに、スタイリッシュに。 YJ-21 ZENITH

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

依然衰えぬウイルスの影響、

不安な日々が続きますね…。

 

そのウイルスの感染を防ぐ為に、

ここ最近は移動手段として

バイクの利用が増えているのだとか。

 

そんなバイクに乗る際、

当然必要になるのがヘルメット。

という事で、今回はワイズギア

新作ヘルメットを紹介します!

 

 

 

 

YJ-21 ZENITH

今春に登場したばかりの

最新システムヘルメットになります。

 

早速あれこれ見てみましょう。

 

 

 

何処から見ても、徹底的にシンプルに

仕上げられたデザインが特徴的。

通勤用の小型バイクから

大型のモデルまで、車種を選ばず

マッチしてくれそうです!

 

個人的に特に目を惹くのが後姿。

システムヘルメットとは思えないくらい

ツルッとした形状が中々クセになる…。

 

 

肝心の機能面は、以下をどうぞ!

 

 

 

ベンチレーション(通気口)は

頭頂部と口元に1箇所ずつ。

 

何がスゴいって、開閉させるパネルが

なんと大きいことか。

バイクに乗り慣れた人は勿論のこと、

乗り始めて間もない方でも、

グローブをはめたままの状態で

簡単に開閉が出来ますよ。

 

 

 

こちらはサンバイザーの操作レバー。

縁のゴムとほぼ同化しているので、

デザイン上の違和感はゼロですね。

 

左手でヘルメットの縁をなぞるだけで

自然とレバーが見つかるという、

嗚呼、このお手軽さよ…!

 

 

 

個人的に好きなポイントがコレ。

シールドを開閉する為のツマミですが、

何と、これが両側に備わってる…。

 

大体のヘルメットは、

右手でスロットルを操作する都合上、

左手側にのみツマミがあるものが殆ど。

 

しかし、YJ-21は両側にあるので、

乗り降りの際や信号待ちなど、

(状況は限られますが)右手でも

シールドをカパッと開けられます。

 

恐らく、出来るだけ左右対称になるよう

デザインを求めた結果だと思いますが、

んん~、ユニークですな。

 

 

 

システムヘルメットお約束の、開けた状態。

 

今や定番の「ごっそり取り外せる内装」を

採用している為、衛生面も◎。

 

「中をキレイにしたい」という時は、

内装をパパッと外して、

洗濯ネットに入れて洗濯機へポン。

お手軽に綺麗な状態を維持出来ますヨ。 

 

 

――――――――――――

ワイズギア

YJ-21 ZENITH

N.グレー Mサイズ

 

メーカー希望価格

\28,000+税

――――――――――――

 

 

システムヘルメットは、多機能が故に

値段も相応に高くなりがちですが、

ワイズギアのブランドで

税抜き30,000円以下というのも

見逃せないポイント。

 

ヘルメットの買い換えや、

通勤などで新たにバイクデビューを

検討している方などにもオススメです!

是非、メーカーの公式ページなども

見てみて下さいね。

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!