超危険! 鉄パッド!!!

こんにちはー浦安店の目黒です/// CJ45スカイウェイブの前後ブレーキパットの交換依頼がありまして… 車両をお預かりしピットまで移動しようとした所…

シャリン…シャリン… 例のいい音がするじゃ無いですかー

レバーを握ろうとしようモンなら…  “ごー”って盛大にあの音が致します、こいつはヤバイ!パッドどころかディスクも逝ってますー!ッてことで危険なのでそのまま車両をお預かり、パーツを注文して頂き入荷次第作業開始させて頂きました!

こちらが外したフロントディスクとブレーキパッド…

ケーキ良く削れております!

これこれ!でっかくアナ空いてますー!

そしてこちらのブレーキパッド…

鉄パッドどころか大穴が開いてるじゃありませんか!

鉄板のベースどころか… キャリパーのピストンでディスクを挟んでるってコトですよね… ディスクにもピストンが当たっている丸い跡がー

 

厚さを測ってみると新品で5mmなんですがほぼ3mm、ですがこのディスク、パットの当たり面の中間部が異常に削れてまして、ノギスを当てているところにスキマが出来ているのわかります?

恐らく1mmくらいの厚みしか無いのでは?いつ割れてもおかしくない状態でした。

そしてこちらがリアディスク。

 このディスクもえらいコトになってます…

見事な手裏剣状態!

 一番厚みのあるところで2.3mmほど、リアも新品は5mm厚なのですが…

ノギスで挟んだディスクの先端部に隙間がありますよね、ココがもうホントに指が切れそうな勢いであります!

ココまでの物はホントにウン十年振りに見ましたよ(汗)

パット部ではなく鉄板同士でブレーキを掛けると異常発熱でキャリパーが歪んでしまい、ピストンが戻らずパッド交換が出来なくなり最悪キャリパー交換ってコトになる場合も…

もしくはエアを噛んでしまったりしてそもそもブレーキが効かなくなってしまうことさえあります。

3千円から5千円程の部品交換+工賃ですむ筈の物が、何万円もの大きな出費になってしまう前に、そして何よりもブレーキに関しては安全に乗るためにも定期的な点検、メンテナンスをオススメ致します。

やはりポイントは“音”ですね。

“シャリンシャリン”もしくは“シャー”、‟ゴリゴリ”って音がしたら実はもう“アウト”なんですよ!酷くなるとブレーキを掛けた時だけじゃなくて常に鳴くようになります。

ここまできたら“鉄パッド”の覚悟をして下さい…

あなたのバイク、大丈夫ですかー?

 常日頃のメンテナンス、点検が大事ですよーってお話でした。

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!