不定期初心者コラム – グローブについて

こんにちは、浦安店 中村です!

 

 

 

前回、これからバイクに乗る人へ向けて、

ヘルメットの種類について

中村なりにアレコレと書きましたが、

(勝手に)2回目となる今回は

グローブについてアレコレと

書いていこうと思います。

良かったら参考程度に見ていって下さいまし。

 

 

 

文字通り、手にはめて使う

バイク用装備の一種で、

教習所でも

ヘルメット持参

グローブも持参(あるいは軍手)

靴は革靴で

~と言われるところが多いように、

体の末端に着けるモノは

とても重要なものばかり。

 

蔑ろにしていると、

いざバイクに乗った時に

しょーもない怪我を負う事もあるので、

しっかりした造りで気に入ったものを

ちゃんと選んで使いましょう。

 

ちなみに上の画像で着けているグローブは

本革を使用した日本製。

中村が"本革信者"になった原因です。

 

 

 

 

 

~では、グローブの種類について

出来るだけサクッとした感じで

紹介していきましょう。

「何故サクッとするか」って?

長過ぎると読んでて疲れるでしょ。

 

 

 

 

腕時計は"茶筒でお馴染みのアレ"と同じデザイナーによるもの。

~そっちじゃなくてグローブですね、スミマセン。

 

ざっくりと

材質が本革か人工繊維か

どの季節で着けるモノか

~かがグローブの種類の分かれ目。

 

 

上の画像のような本革製のメリットは、

・極めて破れにくく、擦り傷などに強い

・使うほど馴染み、手にフィットする

・モノとしての寿命が長い

・ごく弱い雨程度なら弾く(縫い目は浸透します)

~などが代表的。

 

デメリットは、

・雨天時に色落ちしやすい

・変な保管の仕方だとカビる

・革だけだと保温性は殆ど無い

などなど。

 

 

ここでは深く触れませんが、

サーキットなどの環境下で使う

ごつい装備には本革が用いられたり、

古くからバイク用の装備として

本革製品が愛用されていたりという

裏付けや歴史もありますので、

迷ったらとりあえず

本革で間違いは無いです。

 

 

 

こちらは人工繊維

 

 

メリット

・革と比べると価格が安い

・軽い

・革には無い性能を持たせやすい

 

 

デメリット

・転倒時や摩耗などで破れやすい

・デザイン的に、ややバイクを選ぶ

 

 

~と、本革と性質がほぼ逆。

 

 

防水性や通気性、保温性といった

「革ではやや難しい要素」を得られるのが

人工繊維最大のメリットなので、

そういった機能性を求めて選ぶと

失敗しにくいかも?

 

 

 

 

 

 

 

お次は季節ごとの違い。

 

 

 

まず「春/秋用」

オールシーズンとも呼ばれます。

 

風の入り込みを抑えつつ、

安全性や操作性を追求しています。

教習所をクリアするだけであれば

春/秋用が1つあれば事は足ります。

 

 

しかぁーし。

 

夏場や冬場での"ツーリング"では

話が変わってくるので、

そうなると次のようなものが

必要になります。

 

 

 

 

「夏用」

 

革(左画像)は、表面に無数の穴が

プチプチと開いており、

人工繊維(右画像)は手の甲などの

黒い部分がメッシュで出来ており、

どちらも通気性を良くしているのが

見て判るかと思います。

 

理由は言わずもがな、夏はとにかく

春/秋用だとあまりにも暑過ぎるので

グローブを放り投げたくなるから。

いわゆる焦熱地獄ってやつ。

 

 

走っている時に限りですが、

穴から入ってきた風が手元を

ひんやりと冷やしてくれるので、

穴(メッシュ)が有ると無いとで

涼しさが相当変わってきます。

 

尚、たまーに秋冬で夏用グローブを

着けている人がいますが、相当寒いです。

 

 

 

コチラは「冬用」

 

グローブ自体を長くして

袖口からの風の侵入を軽減したり、

中をモコモコにするなどの

冬に向けた対策が施されています。

当然、夏に着けると大焦熱地獄 

 

 

尚、大体の冬用グローブは

他の季節用のモノと比べて

"生地が厚い分、指が動かしづらい"

という事が多いので、

特に念入りな試着をして

選ぶことをオススメします。

昔、特価品をパッと試着して買ったら、

動かしづらくて何処かに追いやった覚えがあります。

 

 

 

 

ざっくりと、選ぶ時の目安としては、

 

・春/秋用、夏用

ぴったりめ(ギュウギュウはダメですよ)

 

・冬用

ゆったりめ(保温性アップの為)

 

~で選ぶと効果大。

逆にしてしまうと、

「夏用なのに熱がこもる…」とか

「冬用なのに全然温かくない…」など、

とんでもない目に遭いやすいので注意!

 

 

又、単純に「着け心地」なども

とても重要な要素ですので、

「はめた時の感覚がちょっと…」

という場合は、無理をせずに

他のグローブも試してみましょう。

 

 

 

何の車種かは知りませんが

グローブコーナーには

実物のハンドルを用意していますので、

試着をしてコチラを握って頂くと、

乗車時の感触を一層実感出来ますヨ。

 

 

当店にお電話を頂ければ

在庫を確認することも可能ですので、

こちらの電話番号も是非ご活用下さい!

 

レーシングワールド浦安

TEL:047-357-1122

 

 

 

 

各社が、創意工夫を凝らしたグローブを

多数出品していますので、

お気に入りの一品を

是非見つけ出して下さいね!

 

以上、中村でした!

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!