奥三河・紅葉ツーリング2020

 GoToキャンペーンなどで少しずつ人々が動き始めてはきましたが、遠出するにはまだまだ注意が必要です。そんな中、近場でも新しい発見が出来たツーリングに行ってきました。それでは、ツーリングレポートをどうぞ!

 

 11月中旬は紅葉のシーズン。愛知県で紅葉スポットと言えば、豊田市足助の香嵐渓が有名だが、このシーズンは行くまでの道のりが渋滞する事でも有名だ。今年は夜間のライトアップは中止になったが、昼間の混雑は例年どおりみたいだ。とは言っても、紅葉が見られるのは香嵐渓だけではない。この辺りは地図上で見てもほとんどが山や森だ。隠れた紅葉スポットが見つかるはず。という事で、奥三河・紅葉ツーリングに出発した。

 

 11月某日、出発。天気は快晴。この日の名古屋の予想最高気温は22℃。11月中旬にしては季節外れな暖かさだ。だが、山に入れば当然気温は下がるはず。念のためにウインタージャケット、ウインターグローブの完全装備で出発した。名古屋市内から国道153号線に入り、豊田方面に進む。長野にツーリングに行くときに使うお馴染みのルートだ。いつもなら、豊田の市街地に入り、中心部で左折して長野方面に行くのだが、今回はそのまま真っ直ぐ進み国道301号線に入り、東に向かう。矢作川の大きい橋を超えると、左側に豊田スタジアムが見えてくる。Jリーグ・名古屋グランパスのホームスタジアムだ。ドームの屋根には巨大な槍のような柱が何本も空に向かって伸びている。非常にインパクトがある建物だ。この柱は避雷針なのだろうか。日本で2番目に大きい球技専用スタジアムだそうだ。

 

 

 

豊田スタジアムの横を通り抜けしばらく走っていると、辺りに緑が増えてきた。豊田市の市街地から10kmほど走っただけで自然が広がってきた。今回の最初の目的地、王滝渓谷に到着した。

 

王滝渓谷

 

豊田市の東側、巴川の支流の仁王川沿いにある渓谷。夏場は避暑で何度か訪れたことがあるのだが、この時期に来たのは初めてだ。だが思っていた通り、バッチリ紅葉が始まっていた。

 

渓谷に近づくにつれて、道幅がどんどん狭くなっていき、車1台分くらいの幅しかなくなってきた。だがバイクなら心配いらない。渓谷のギリギリ手前まで来ることができた。小さな吊り橋を渡ると・・・

 

絶景が広がっていた。

 

王滝渓谷の絶景を堪能して、更に東に進む。作手を通り抜け、新城市に入る。奥に進むごとに紅葉が色づいていく。そして次の目的地、新城市の大輪橋に到着。

 

小さな小川をまたぐ短い橋があるだけ。一見、絶景ポイントでも何でもないようなところだが、一部のマニアから注目されているものがここにあった。それがこれ。

 

一見、何処にでもあるような道路標識だが・・・

 

国道を表す楕円の逆三角形の標識。国道が三叉路に分かれているのを示す標識。これが3つ並んでいるだけなのだが・・・

 

実はこれ、全国的に見てもかなり珍しい標識なのだそうだ。国道を表す三角形がおにぎりに似ていることから、一部マニアの間では「三連おにぎり」と呼ばれているそうだ。タ〇リ倶楽部で取り上げるようなマニアックなネタだが、以前から気になっており、機会があれば行ってみたいと思っていたところだ。ようやく見る事ができた。

 

「三連おにぎり」の標識を後にして、次の目的地「三河大草駅跡」に到着。じつはここ、ちょうど2年前に来たことがある、廃線となった鉄道の駅の跡地なのだ。

 

草に覆われた一本道の先にある素掘りのトンネル。中は真っ暗で、もちろん未舗装。大きな石が転がっていたり、水たまりがあったり・・・。オフロードバイクやカブでなければ通れないようなトンネルだ。

 

そのトンネルを抜けると・・・

まるで異世界に迷い込んだような景色が広がっていた・・・。

 

三河大草駅は、愛知・豊橋と長野・飯田を結ぶ、豊橋鉄道田口線(旧・田口鉄道)に1930年に開設され、1968年に廃止された駅だそうだ。廃止されてから今年で52年!

 

前回来たときと変わっていたのは、廃線50周年記念のノボリが立てられているだけだった。

 

コンクリートで出来たプラットホームは苔まみれだがかろうじて残っている。だが、駅舎や線路の痕跡はまったく残っていない。

 

2年前にあった倒木もそのままの形で残っている!

 

まったく人の手が入っていないようだ。このトンネルの奥の空間、52年間、時が止まっているかのようだ・・・。

 

最近では廃線を特集したNHKや民放のテレビの取材でも紹介されているこの三河大草駅跡。実は、数年後に設楽ダムの底に沈んでしまうという計画があるそうだ。この景色、しっかり目に焼き付けておこう・・・。

 

 

三河大草駅跡を後にして、近くにある道の駅「もっくる新城」に到着。最近出来たばかりの新しい道の駅で、地元の木材をふんだんに使ったドーム状の建物が特徴的だ。

 

ちょうどお昼時だったので、名物のランチビュッフェを頂く。ビュッフェスタイルだが、感染症対策はしっかり取ってあった。

 

地元の野菜をふんだんに使ったヘルシーなメニューがメイン。また、地元で獲れたジビエ(野生の鹿や猪の肉)を使った珍しいメニューもある。ごちそうさまでした!

 

昼食を頂いた後は、新城の有名な温泉地、湯谷温泉にある「うめの湯」に立ち寄る。宇連川に面した露天風呂から見る山々の紅葉は絶景だ。

 

温泉で十分温まってから、帰路につく。蒲郡まで出て、国道23号線のバイパスで名古屋に帰る。夕方5時前には辺りは真っ暗になったが、陽が落ちても全然寒くない。天気にも恵まれたツーリングだった。

 

今のこの時期、キャンプ場なども今シーズンは閉鎖されている所も多く、なかなか遠出をするのが難しいのだが、近場でもこれだけ楽しめるツーリングが出来たのは新しい発見だった。

 

レーシングワールド公式LINEアカウント開設!